政治装置をぶち破る新型コロナウィルス - 世界情勢

政治装置をぶち破る新型コロナウィルス

「トランプ大統領は素晴らしい大統領であり、彼は再選に値する」
フィリピンのドゥテルテ大統領がトランプ大統領を称えた。

フィリピンと米国との軍の地位協定が破棄されることになる。
これからアジアの新興国は一帯一路計画に組み込まれていく。

「世界が終わるまで足並みそろえる」と、
アウン・サン・スー・チー国家顧問と習近平国家主席が
固いグリップを交わしたのも記憶に新しい。

また、今回海上でさまようクルーズ船をカンボジアが受け入れる前に
フン・セン首相は北京へ飛び、習近平国家主席と会談している。

こうして東南アジア諸国連合(ASEAN)の中の新興国は
次の時代の世界経済を中国主導で牽引していくだろう。

なぜなら欧米日の経済はすでに飽和しており、
金融経済に食いつくされてるからだ。
これらの新興国は欧米日を反面教師としていくだろう。

こうした国々は長い間、植民地として辛い思いをし、
独立を果たした後でも、西側諸国の干渉をずっと受け続けてきた。

太平洋戦争の後に、こういったアジアの国々が独立したのは偶然ではない。
日本にはアジアを欧米の植民地から解放し独立させるという使命があった。

ところが国民国家として独立した際、問題になってくるのは少数民族の存在だ。
これはもう西側の列強がこうした独立後も新興国の覇権を握るために、
わざと民族を移動させ、国境の線引きをしたと言っても過言ではないだろう。
ある一定の数の異民族を組み込めば地域分離主義運動を起こされるのは明らかだ。
すると軍事力で押さえつけるしか方法はないだろう。

つまり近代における「国民」とか「国家」だの「民族」といった私たちが抱くイメージは
国家形成期に創出された政治的装置だ。
独立したはずの国民国家が今でもこうして欧米による間接的支配を受けているのは
いまだに世界中でテロ戦争や代理戦争といった冷戦時代の軍拡を見れば明らかだ。

こうした飽和した世界を打ち破るために、
各国々の間の一定の共通性や利害を見出し、
経済的、社会的、軍事的に関係を強化することを目指す地域連合が結成される。
(ヨーロッパで言うところEUだ。一国家という単位を地域連合という枠組みで大きくする)

これが東南アジア諸国連合 (ASEAN)が一帯一路計画に乗る理由だ。
なぜなら今、政治的単位の国家が問われる時代が来ているからだ。

ようやく日本が唱えた大東亜共栄圏が時代を超えて実現する。
しかし残念ながら戦後の日本は太平洋の先を追っかけてばっかりで、
先人の大東亜共栄圏は時を超えて実現するも日本が先導できなくなった。

asean.jpg
この新型コロナウィルスの拡大問題は新秩序の準備期間と言ってもいいだろう。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

3つのブログランキングに参加しています
クリックのご協力お願いします


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

上記のバナーをクリックすると新しいページが開き、ランキングサイトに飛びます。
そのあとはランキングのページを閉じてブログに戻っていただいてOKです。
ご協力ありがとうございます。


覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments