英国EU離脱、「新時代の夜明け」? - 世界情勢

英国EU離脱、「新時代の夜明け」?

ブリュッセルのEU省庁から、イギリス国旗「ユニオン・ジャック」が取り除かれた。

イギリスは1月31日午後11時(現地時間)、47年間加盟していたEUを離脱した。
ジョンソン首相は「これは終わりではなく始まりだ」と演説。

イギリスはこれからどこへ向かうのだろうか?



EU離脱といってもいきなり英国が変わるわけでもない。
移行期間中のイギリスはほとんどのEU法を遵守し、離脱前とほぼ同じ関係を保つ。
EU域内の自由移動も12月末までは認められている。

やはりEUの外国人移民・難民の受け入れ政策が英国にとってネックであったことだろう。
ということは逆に移民・難民を能無しのように受け入れたEUの狙いは
英国EU離脱だったのだろうか。

これでドイツもロシアと一緒にビジネスすることができるし、
中国やロシアが中東で覇権を握ることができるだろう。

去年の感謝祭パーティーの中にイギリス人もいた。
彼女曰く、「まったくどうなるのかわからないわよ」と言っていたので
イギリス国民からするとそういった心情なのだろう。
たしかにジョンソン首相はコメディアンのようだ。(笑)

イギリスの国家アイデンティティ探しがこれから始まる。

England_EU.jpg


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓

 

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村

覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments