最初の予備選、アイオワ州党員集会(Iowa Caucus)が始まる。 - 米国選挙

最初の予備選、アイオワ州党員集会(Iowa Caucus)が始まる。

2020年の米大統領選の最初の予備選挙まで残り1カ月を切った。

共和党からはトランプ現大統領が再選のために立候補しているが、
民主党からは多様な候補者が乱立している。

資金不足から撤退した民主党候補者もたくさんいるが、
今現在、民主党候補者のなかでも有望とみられているのは

ジョー・バイデン前副大統領
バーニー・サンダース上院議員
エリザベス・ウォーレン上院議員

この三人であろう。
ほかにも候補者がいるが、知名度を考えればこの三人に絞られる。
また安定した支持率なら、多分、バイデン氏とサンダース氏の二人だろう。

サンダース氏は2016年の民主党予備選でヒラリー・クリントン氏に敗れている。
あの時、サンダース氏が「不正選挙だ!」と公に発言したとき、
実際、不正選挙が行われていたのだからFBIの調査が入るべきであった。

サンダース氏は自分の所属する民主党から邪魔をされ、不正に予備選から落とされた。
(しかし諦め金はしっかり受け取っただろう。不動産を購入している)
民主党はガッチリ軍産と結びついていたヒラリー・クリントン氏を推した。

そして今回もサンダース氏は民主党によって不利な立場に置かれた。

2月3日に最初の予備選がアイオワ州で行われる。
そのあとすぐ1週間後にニューハンプシャー州の予備選挙がある。
ニューハンプシャー州はサンダース氏のバーモント州と同じくニューイングランド地方だ。
あの辺りはウォーレン氏(マサチューセッツ州)もいるので押さえておきたいはずだ。

ところが、ペロシ下院議長が今頃ようやく弾劾訴追決議を上院へ提出した。
そして16日に弾劾裁判長を務めるロバーツ最高裁長官と
陪審役を務める全上院議員100人が宣誓手続きを実施した。
(上院は100人=50州x2上院議員)
そして今月21日から本格的な審議が開始される。

サンダース氏は上院議員だ。(ウォーレン氏もだが)
法律上、上院議員として議会で陪審役を務めなくてはならない。

しかも、共和党有利の上院構成なのだから
有罪・罷免のための上院議員の3分の2の賛成なんて集まらない。
民主党からしたら負け戦なのだが、
この負け戦にサンダース上院議員やウォーレン上院議員が巻き込まれれば
議会のあるワシントンDCに地理的に縛られ、
一か月を切った予備選のための現地活動に支障が出る。

昨年12月に可決した弾劾訴追決議を今頃上院へ提出したというのは
この予備選のタイミングを狙ったのだろう。

beth_barnie_cnn.jpg
CNN主催の討論会終了後に「嘘つき呼ばわりした」とサンダース氏に詰め寄ったウォーレン氏。
マイクで音を拾うCNNもいかがなもんか???


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓

 

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村

覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments