医師中村哲と戦乱の地アフガニスタン - 動画

医師中村哲と戦乱の地アフガニスタン

前回の記事でプラトンは幾何学を重要視していたと書きました。

現代では、いつの間にか学校で教わる数学は数字のコンセプトや計算ばっかりで
幾何学はあまり重要視されなくなりましたね。

幾何学も得意な人とそうでない人がいます。

さて、灌漑農業を発展させるには、測量・測定に長けていないといけません。
微妙な傾斜によって水を有効的に回す必要もあります。
つまり幾何学が得意でないと想像力に乏しく、難しい事業かと思います。

戦乱の地アフガニスタンに灌漑水路を設計した中村氏は
きっと、幾何学シャーマン的な遺伝子を持っているのだと思います。

「医者を100人連れてくるより、水路を1本つくったほうがいい」
「病気の予防という観点からみれば、水路1本が医者何百人もの働きをする」

医者として、予防の観点からの解決法と判断力、素晴らしいです。



Afganistan_Dr_Nakamura.jpg
アフガニスタンのガニ大統領から勲章を贈られる中村哲医師


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『DBA』 ディー・ビー・エー (Do Business As)

商号。

アメリカでは会社名がDBAで記される時があります。
外に看板を出して見せる名前が登録されている会社名と一致していない場合です。
ニューヨークのような都会の小さな店ではDBAの会社名は変わらなくても
会社の登録名がコロコロ変わっているときがあります。
主に破産申請で会社をリセットする場合です。

ちなみにアメリカでは有名なチャプター7と13がありますが、
これは個人でも会社でも自己破産の申請です。

簡単に言うと、チャプター7はすべて踏み倒していく場合で
チャプター13は、破産申請後、少しずつ払っていく場合です。

もちろん、所得、財産によってチャプター7が通用しないケースもあります。
破産申請後のステータスも7と13では違います。

昔のニューヨークなんかでは外国人が経営している
小さな土産屋さんや電化専門店などで
買い物をした観光客のクレジットカードの番号を控えていて
ある程度貯まったら一気に請求して、
その後は会社名を変えてドロンしたりしました。

クレジットカードなので請求が来ても
一か月後なので調べ始めたときにはすでにその会社は無くなっています。



ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

関連記事
スポンサーサイト



1 Comments

 AI

AI

ご冥福を御祈りします

中村医師がお亡くなりになりました。
アフガニスタンの人々が食べていけるよう、
男たちが傭兵にならなくても生きていけるよう
水路をつくり、砂漠を緑化し、
混乱の続くアフガニスタンに命を捧げました。
ご冥福を御祈りします。