FC2ブログ
topimage

2019-11

ジェフリー・エプスタインは自殺か他殺か? - 2019.08.18 Sun

ジェフリー・エプスタイン被告がマンハッタンの刑務所のなかで死んだ。

これは誰もが予測できたわけで、殺されたのではないか?という説が、
陰謀論者以外でも、一般の人々の中でも渦を巻いている。
それは彼の交友関係は幅広く、特にビル・クリントン氏は有名で
なかにはイギリス王室のアンドルー王子などまでおよぶ。

過去にフロリダ州で未成年買春容疑で起訴されたが、
その時は大金を払って司法取引が行われた。(2007年)
この時のエプスタイン被告を弁護したのは
トランプ政権の労働長官であったアレクサンダー・アコスタ氏であり、
アコスタ氏は2019年7月に労働長官の職を辞している。

さて、今回は2007年とは別に逮捕状が出された。

2019年7月6日、警察側はエプスタイン氏がパリから自家用機で帰国する情報を得て、
ニュージャージー州の空港で待機しており、着陸直後、速攻逮捕。
容疑は、2002年から2005年までの間、マンハッタン、ニューヨーク、パームビーチの自宅で
14歳を含む未成年の少女数十人を性的に搾取した疑いであるが、今更である。
ここに、ゴキブリホイホイの役目を終わらせる勢力の力がかかったようにも感じる。

エプスタイン氏はニューヨーク州の地方裁判所の法廷で無罪を主張したが、
再審の申し立てで拘留されていたニューヨーク州マンハッタンの拘置所内で
首を吊って自殺したと発表された。
(一回、自殺未遂?もあった。殺し損ねたのか???)

自殺にしては不可解なことも多い。
解剖の結果、首に骨折の跡がみられ、「首を吊って自殺」と片付けられてしまったが、
監視カメラに問題があり録画はされていなかったから他殺という証拠がない。
ウィリアム・バー司法長官は調査を進めていく方針だ。

ジェフリー・エプスタインはヴァージン諸島の一角の島を所有するほどの大富豪である。
高校の数学教師からコネで金融業界に転職し(ユダヤのコネであろう)
その後、独立し、ヘッジファンドの経営を通じて財を成したそうだが
ヘッジファンドの経営と児童買春の経営だけで普通はあんな大富豪になれない。
どこからか大富豪に仕立て上げられた可能性がある。

彼の児童買春ビジネス・パートナーであるギレーヌ・マクスウェル氏は
メディア王ロバート・マクスウェル氏の娘である。

ロバート・マクスウェルは一代でメディア帝国を築き上げたといわれるが
そんなことはあり得ないので、ここには裏資金が入ったと考える。

ロバート・マクスウェルはチェコスロバキアの貧しいユダヤ人で、
17歳で難民となってイギリスに逃れ、翌年イギリス陸軍の工兵部隊に入り、
1943年にノーススタフォードシャー連隊に移った。

彼は軍曹としてノルマンディー上陸に参加して西部戦線を転戦し、
知力と語学の才能を生かして様々な任務をこなし昇進を重ね大尉になった。
戦後、彼は連合軍占領下のベルリンで、イギリス軍司令部の新聞検閲官として働き
後に占領軍当局内で築いた様々な人脈を用いてビジネスを行い、
そしてメディア王としてマクスウェルという名を広めた。

ものすごい経歴だが、彼を裏から支えたのはモサドであろう。
1991年に事故死した時、(暗殺とのうわさもあり)
マクスウェル氏の葬儀はイスラエルで盛大に行われた。

話がそれたが、そのマクスウェル氏の末娘がギレーヌ・マクスウェル氏で
彼女がエプスタイン被告と一緒に児童買春ビジネスを展開していた。

落合莞爾氏の吉薗シリーズを読んでいただくと説明されているが
スパイの任務には「草」「歩」「犬」という種類があり、
吉薗周蔵は元帥陸軍大将上原勇作に「草になれ」と言われたが、
任務の内容はどちらかというと「犬」のような気がする。

「草」の場合、任務が親から子に受け継がれることがある。

つまりモサドの一員であった父親の任務を継いで
ギレーヌ・マクスウェル氏は異常性癖のある世界の著名人のリストをつくり
証拠をモサドに流していた可能性がある。

エプスタイン氏が大富豪になったのもそういった勢力に担がれたと思う。
イスラエルの国防に直結しているスタートアップ企業のなかで
Carbyneにもエプスタイン氏は投資していた。

欲があればあるほど扱いやすい、エプスタインは駒にすぎない。
今の時代、偽装死なんかしたら、その後の護衛にお金がかかる。
偽装死させて生かすほどの価値もないだろう。

死人に口なしである。
ギレーヌ・マクスウェル氏がどう逃げ切るのかに注目したい。

お・ま・け
ジェフリー・エプスタイン氏のマンハッタンの自宅から発見された、まさかの油絵!

bizarre_portrait.jpg
bizarre_portrait1.jpg

人間、時間を持て余すとろくな事を考えないけど、
お金を持て余してもろくな事をしませんねぇ。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『Cold Turkey』 コールド・ターキー

冷たい七面鳥ですが、この場合、薬物を止めたりする時に起こる
禁断症状を英語で 「コールド・ターキー」といいます。
これはドラッグの禁断症状だけでなく、
煙草をやめたときなどにも使えるスラングです。

例えば禁煙3日目などでは
「コールド・ターキー、3日目」 なんて言います。



ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

関連記事
スポンサーサイト



● COMMENT ●

自宅の金庫の中からオーストリア国籍のパスポートも出てきた。
オーストリアはスパイ天国である。

彼の資産は亡くなる二日前にしっかりと回収されています。
https://www.afpbb.com/articles/-/3240635

このAFPBB Newsの記事を読んでみると
偽装死した可能性もあるかもしれませんが、
たとえそうであったとしても、
もう一般人が彼にお会いすることはないでしょう。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://seijimania.blog.fc2.com/tb.php/56-efc795a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プラトン・アカデメイア「幾何学を知らぬ者、くぐるべからず」 «  | BLOG TOP |  » ファベルジェのたまご

プロフィール

政治マニアっ子

Author:政治マニアっ子
埼玉県生まれ。高校留学を経て、ペンシルバニア州にある州立大学卒業後、ニューヨークに移動、バイヤーの職に就く。9.11テロ事件後、犬のブリーダー(シェパード)トレーナーとして起業の道を歩む。渡米歴20年以上。趣味は映画鑑賞、読書。特技は犬の心理を読むこと。語学は英語の他にスペイン語も。自分が本当に伝えたいことを伝えるブロガー。電子書籍も好評です。

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
ニュース (17)
世界情勢 (13)
経済/金融 (1)
軍事/戦争 (1)
宗教 (4)
移民問題 (6)
憲法/法律 (1)
歴史 (2)
教育 (1)
メディア (1)
米国選挙 (3)
文化/行事 (7)
映画 (4)
電子書籍 (2)
動画 (1)
未分類 (0)

最新コメント

お勧めの本

6巻以降は紀州文化振興会から発行 紀州文化振興会サイトへ

株価ボード

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事を表示

すべての記事を表示する