トランプ大統領の「国に帰れ」のツイートの件 - ニュース

トランプ大統領の「国に帰れ」のツイートの件

トランプ大統領のマイノリティ女性議員に対する「国へ帰れ」発言に、
米下院が非難決議を可決しました。
しかし一言言わせていただきたい。

下院がいつまでたっても移民問題に対して予算を通さず、
エンドレスに北上してくる移民を収容するための施設は極限状態であり
まずは「亡命」を認められなかった不法移民を対象に
先週末から行われたICE(米国移民・関税執行局)による移民取り締まりに対し
過激なリベラル派たちはコロラド州のICEのオフィスの前に揚がっている
星条旗を降ろしてメキシコの国旗を掲揚し、
さらに落書きされた「Blue lives matter(警察官の命も大切)」を逆さに揚げました。
マイノリティ女性議員たちはこういった過激なリベラル派を包容しています。

ICE_protest.jpg
ICE_protest2.jpg

もし、日本で日本に住む韓国人たちが日の丸を降ろして
代わりに韓国の国旗を揚げたら皆さんはどう思うでしょうか?
そんなに自国が良ければさっさと帰れ、と思いませんか?

トランプ大統領は「国に帰れ」とツイートしましたが、
マイノリティ女性民主党議員4人がはっきりとツイートで名指しされたわけでもありません。
私は2名が対象かと思いましたが、気がついたら4名挙がってました。
新人の彼女たちにとっても話題性は必須。
待ってましたとばかりに「人種差別カード」で反撃に出ます。
ちなみに彼女たちが人種差別するのはOKらしいです。
しかも、彼女たちはトランプ氏を「トランプ大統領」と呼びません。
「ホワイトハウスを占有してる人」と呼んでいます。

彼女たちのボスであるマダム・スピーカーのナンシー・ペロシ氏からでさえも
「ツイッターの世界でしか支持のない議員たち」と嫌味まで言われたこの女性たち。
彼女らはリベラルを代表する民主党議員であり、新人であり、
下院議員の任期は2年で、選挙のたびに全員が改選されるから
話題を作るなり印象付けないと2020年の再選も危ういのでしょう。

こんな発言に人種差別主義者とか陳腐である。

女性が政治家になるのも素晴らしいと思うが、
時代をつくる女性もいれば、時代を終わらせる女性もいる。
ヨーロッパも欧州中央銀行総裁、EUトップの欧州委員長は今年の秋から女性になる。

はたして彼女たちは時代をつくるのか、終わらせるのか。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『Blue Lives Matter』 ブルー・ライヴス・マター

Blueは青色の制服を着た警察官のことであり、
Black Lives Matter(黒人の命も大事)というスローガンに対し
警官の命も尊重しろという反対な立場のスローガンが登場。
Blue lives matterの場合は黒白の星条旗に青が一本入ります。



ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments