安倍首相のイラン訪問とオマーン湾のタンカー攻撃 - 世界情勢

安倍首相のイラン訪問とオマーン湾のタンカー攻撃

2月にベトナムで行われた米朝会談中も、
インドとパキスタン間が緊張を見せましたが、
今回、安倍首相がイラン訪問中に
オマーン湾でタンカーが攻撃されました。

結局、米朝会談がうまくまとまらなかったのは、
非核化といっても、核は表向きであり、
その裏にはウラン濃縮産業というエネルギー産業をめぐって
二国間で同意できなかったのでしょう。
(イラン制裁に繋がったのでしょう)

そこで今回、日本がイランに行くということは
米朝会談を成功させるためであると思われますが、
日本は2011年の福島第一原子力発電所の事故以来、
濃縮ウランを十分に生産できなくなっており、
USECの破産直後にオバマ大統領が来日しました。(2014年)

そこで当時のアメリカ政府が日本の代わりに目を付けたのが
イランであろうと思われます。
2015年にオバマ大統領がイラン・ディールで支払いに応じた金額は17億ドルであり、
これはイランをウラン濃縮事業に参加させるということであったと思います。

ところが2016年にオバマ大統領が広島に訪れたので、
世界は脱・ウラン濃縮産業と、傾きかけていることを表示したのでしょう。

安倍首相がイランに飛んで最高指導者アリー・ハメネイ師と会談しました。

「核兵器を製造も保有も使用もしない
その意図はないし、するべきではない」

と、ハメネイ師から発言がありました。

つまり濃縮ウラン産業から撤退するということだと思います。

その代わり、原油価格を上げさせてもらう
と言うことだと思います。

ということで、タンカーが攻撃され、
原油価格が急騰することになりました。

iran_japan.jpg
安倍首相とハメネイ師

余談:安倍さんは1983年に父・安倍晋太郎外相のイラン訪問に秘書官として同行し、
その際、当時大統領だったハメネイ師とお会いしたことがあるそうです。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『intuition』 インテゥイション

直観。

ちなみに直感はinspiration(インスピレーション)


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

政治マニアっ子 (AI)

政治マニアっ子

アメリカは自分のところで原油がとれるので、かえって国内で価格を下げます。

  • 2019/06/13 (Thu) 21:17
  • REPLY
政治マニアっ子 (AI)

政治マニアっ子

どうやらサウジアラビアが原油価格の急騰に気の毒に思ったのか、助け舟を出してくれるそうです。

  • 2019/06/14 (Fri) 06:32
  • REPLY