出稼ぎ移民の事情 - 移民問題

出稼ぎ移民の事情

今回は主にメキシコや中央アメリカからの移民が一般的に
どうやってアメリカに不法入国してくるかについてお話をします。

現在、アメリカとメキシコの国境の壁をめぐって口論されていますが、
実はメキシコも自国の南の国境を強化したいことをご存知でしょうか?

メキシコはすでに潤い始めているので、最近はアメリカに不法入国してくる外国人は、
メキシコからよりもホンデュラスやグアテマラなどの国の人が多いのです。

そしてそういう国々の人はアメリカに不法入国する前に、メキシコを通過します。
すると、メキシコで治安の問題が浮上します。
だから、メキシコは南の国境を強化したいのです。
しかもこういう国々は自国の人口もしっかり把握していないことでしょう。

さて、不法入国のために必要なのは現金と道の案内人です。
この道の案内人を俗に 「コヨーテ(Coyote)」 と呼びます。

jared_hughey_coyote_1.jpg

ちなみに一人のコヨーテが一つのグループを最後まで面倒見て率いるわけではありません。
それは互いに危険だからです。

コヨーテ1が出発地点からA地点までの案内、
コヨーテ2がA地点からB地点までの案内、
という感じで仕事を分配しています。

アメリカ不法入国を目指す人たちは、はじめ20~30人のグループにまとめられ、
違うコヨーテにピックアップされるごとに現金を少しづつ払います。

ここで、こういった危険な問題などが出てきます。

1)不法入国を目指す人たちは割とまとまった現金を持っている
2)コヨーテ1に案内された後、次のコヨーテ2がすぐ来るとは限らない
3)脱落者が増え、グループが小さくなるとコヨーテと生死を賭けた戦いになるかもしれない
4)一か月以上もの旅に体を壊す

まず、問題その1。彼らは現金を持っています。
靴の中に隠したり工夫をしてますが、外からも狙われるし、
グループがそんなに大きくなければ、コヨーテに騙され、現金を巻き上げられることもあります。
その場合はもう一度、お金をかき集めて出直し。

ちなみにメキシコ人のMさんは一回目のグループは全員コヨーテに現金を強奪され、
二回目のトライで成功したそうです。

問題その2。
ある場所に案内された後、次のコヨーテがすぐ来てくれれば良いですが、
場合によっては一週間も待たされることもあることでしょう。
小さな町であればいいですが、砂漠のような何もないところであれば辛いです。
待ってる間に強盗に現金強奪される事もあります。

問題その3。
やはり並大抵の旅ではありません。脱落者は出ます。
グループが小さくなると、コヨーテとの間の緊張感が生まれます。
コヨーテからしたら裏切れる数なら裏切るほうが仕事も楽でしょう。

中にはコヨーテに殺されそうになった人もいます。生死を賭けた戦いです。
ただ、コヨーテを殺してしまうと、案内人がいなくなるので自分も死んだに等しい状態になります。

ホンデュラス出身のCさんは
「出発時は29人の男がグループにいたがアメリカに不法入国できたのは自分を含め3人だけだった」
と語っていました。

問題その4。
このホンデュラスのCさんはアメリカに着いた直後すぐ病院に運ばれ、一週間入院しました。
この人は「ニューヨーク市内の病院に入院」だったので、最後の交通手段は「船」だったのでしょう。
病院側も不法滞在者が「患者」として病院に入ってくれば、治療します。
それが、出産であってもです。
もちろん、何も持っていない人からはたとえ請求しても何もとれません。
そして、アメリカの地に生まれた子供は現在、無条件で米国籍が与えられます。
これを現在、大統領令で廃止するか、国会を通して法律で廃止するか検討中です。

caravan.jpg

先ほどのホンデュラス出身のCさんは「値段は6000ドルだった(2007年)」と言ってましたが、
このような移民たちがどのように60万円ぐらいの現金をかき集めているのでしょうか?

それは「国境を越える覚悟」をすると、すでにアメリカで生活している家族や親戚が送金をします。
そしてアメリカ入国を成功させると、その後、日当たり労働などをし、生活の地盤をつくり、
少しづつ家族や親せきから借りたお金を返していきます。
そしていつか、自分の国に残っている家族の一員が国境を越えるときに
本人もできる限りの金銭的援助をします。その繰り返しなのです。
家族同士助け合う強い絆が生まれます。

こちらで家族があって、生活の地盤がある場合はアメリカの生活が彼らの生活になりますが、
未婚の男性なんかは送金して自国に大きな立派な家を建てている人も多いです。

中には、アメリカに来て働くのが疲れたと言って帰国する人も多いです。
で、帰国する時は飛行機に乗って国に帰ったりします(笑)
中には潜って入国、帰りは飛行機を3回も行ったツワモノもいます。

さて、数年前からカルフォルニア州では違法滞在外国人でも車の免許を発行してくれるようになりました。
あまりにも違法滞在数が多いからです。

以前はメキシコ出身違法滞在者の車の免許発行先は「ワシントン州」が多かったのです。
つまり、ワシントン州の何処かの交通課に裏のルートを持つ人が潜入してるということですね。

この、免許を持っていない人が車の運転をしたら。。。と言う事もいずれシェアしたいと思います。
現実がとっても矛盾してるからです。

RTX4RIYH-1024x683.jpg


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『alien』 エイリアン

宇宙人というイメージがあるが、「外国人」です。
米国の空港に行くと来日した外国人を「alien」と表記しています。
不法滞在者を「Undocumented alien」と言ったりします。
私は初めて渡米した時、入国書類のAlienという文字にびっくりしました。


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。


覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

関連記事
スポンサーサイト



1 Comments

政治マニアっ子 (AI)

政治マニア管理人

運転免許証

現在、違法移民が運転免許証を発行してもらえる州は増えまして、
ワシントン、
カルフォルニア
ネバダ
ユタ
コロラド
ニューメキシコ
イリノイ
バーモント
コネチカット
デラウェアメリーランド
ワシントンDC
プエルトリコ
そして、ニューヨーク州が新たに加わるみたいです。
ほとんどが民主党の州です。

  • 2018/11/13 (Tue) 22:15
  • REPLY