FC2ブログ
topimage

2019-03

パキスタンがその会談にちょっと待ったぁ!米朝首脳会談合意至らず - 2019.02.28 Thu

すべてが順調に思えた米朝首脳会談ナンバー2 in ベトナム

しかし、28日、会談はキャンセル。
トランプ大統領は予定を繰り上げて帰国した。

今回初めて金正恩の声をメディアを通して聞いた。(予想外に声が低かった)
しかし、会談はキャンセルになってしまったのでもしものことを考えると
声を世間に聞かせたのはまずかったのではないだろうか?

何が原因だったのだろうか?

トランプ大統領は非核化が思ったように進まなかった、と言っているが
皆さんはHAARP開発で核なんて無意味なのはご存知と思います。

では、なぜいまだに非核化などと言っているのか?

それは核施設なんてのは表向きでウラン濃縮施設がメインなのでしょう。

原子力発電所を考えてください。
電気エネルギーを得るために、ウランから生まれる熱エネルギーを蒸気に変換して
さらに電気エネルギーに変換するという非能率的なことを何故しているのか?

それは、濃縮ウランを生産するときに莫大な電力がかかるから
同じ場所でやっているわけであり、真の目的は電力ではなく濃縮ウランです。

つまりインドの濃縮ウラン事業はアメリカの下請けであり、
パキスタンが今回の米朝会談の合意内容に異議があったのではないかと思います。
パキスタンは北朝鮮と繋がっているでしょうから。

パキスタン軍が自国領空内でインド空軍機2機を撃墜したのは27日。
これは首脳会談を意識してのことでしょう。
停戦ラインを超えた空爆は、1971年の第3次印パ戦争以来だそうです。

しかしなぜそんなにまで世界が濃縮ウラン産業に進出するのか?

それはこれから来るであろう地球規模の寒波にそなえて
膨大な熱エネルギーを貯蔵する必要があるからだと思います。

現在の科学では、熱エネルギーを得るには燃焼か核融合しか方法がないのでしょう。

二コラ・テスラが地球そのものがジェネレーターだ、
と言ったように、地球には電子が流れています。

電子は北極側から地球の内部を通り南極側から出て、宇宙空間を回り再び北極から入ります。

ちなみに、電子には磁石のように方向性はありません。
よく、乾電池に+-と表示されているので、方向があると思いがちですが、ないです。
電子の流れは密度の高い所から低い所へ移動することです。

つまり、以前は北極の磁場の方が密度が高かったのでしょうが、
すでに逆転した可能性があります。

逆に両側の磁場の電子の密度が均衡してしまうと電子の流れが鈍くなります。
今上天皇がおっしゃったように、平成は災害が多かったのは、
その時代、両極の磁場の電子密度が均衡していたということだと思います。

では逆転しているかもしれない今は?
もし逆転している場合は、南極側が密度が高く、
北極側に向かって電子が流れています。

その流れに伴い、気流が北極で上昇し、
そのまま冷たい気流が大陸に叩きつけられることでしょう。

北半球は大陸が多いです。
最近の類を見ない寒波はそのせいではないでしょうか?

ちなみに、都市伝説レベルの「地球がひっくり返る」ことはないと思います。
ポールシフトというのは地球がひっくり返ることではなく、
磁場の密度が変化することだということでしょう。

4482904-3x2-940x627.jpg



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『allegation』 アリゲーション

証拠不十分の申し立て、主張、弁証


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://seijimania.blog.fc2.com/tb.php/34-14a6f774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お知らせ «  | BLOG TOP |  » NOKO サミット2019

プロフィール

政治マニアっ子

Author:政治マニアっ子
このブログは巷にあふれる陰謀論やフェイクニュースに疲れた人のための情報サイトです。反日、アナキズム、オカルトや都市伝説を期待している方はよそへ行ってください。

掲示板(BBS)

カテゴリ

はじめに (1)
ニュース (8)
世界情勢 (7)
軍事/戦争 (1)
宗教 (1)
移民問題 (4)
憲法/法律 (1)
教育 (1)
メディア (1)
米国中間選挙 (2)
文化/行事 (5)
映画 (1)
お知らせ (1)
未分類 (1)

お勧めの本

最新コメント

月別アーカイブ

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
656位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
95位
サブジャンルランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する