ワクチンは臨床試験中



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

3つのブログランキングに参加しています。
クリックのご協力お願いいたします


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
関連記事
スポンサーサイト



Comment

名無しさん

いつも生情報を有難うございます。
今回の配信内容については、ほとんど自分の認識と変わりありませんが、
自分は分子生物学を修め、免疫システムも若干ならば知っているので、
欧米から集めた情報を元に、既存のCOVIDワクチンの効果と安全性について
自分なりに検討しています。

いま現在、全世界で汎用されているCOVIDワクチンは5タイプあるのですが、
毎日それらのメリット・デメリットに関するニュースが流されています。
ほとんどの方にとっては、出鱈目なほど情報量が多すぎて、その意味を
十分に咀嚼する暇もないだろうと思います。
その理由は、愛さんが配信の中で指摘されている通りで、感染者や感染死者
の人数ばかりが強調されていて、陰謀論も含めて、科学的な検討が無視
される傾向が強いからだと思います。
個人としての印象ですが、COVID-19ウィルスによる社会へのダメージは
あまりにも大きく、一向に終息の気配が見えないパンデミックやロック
ダウン導入に、人々は疲れ果てており、いまや反抗的にさえ見えます。

日本では、ボチボチ医療関係者からワクチン接種が始まり、最近今後の
スケジュール(優先摂取順位など)が公表されました。
現状一個人としては、当面はワクチン接種を見合わせるつもりでいますが、
その理由は、現行のCOVIDワクチンは、例えば米国ならばCDC/FDAからのEUA
(Emergency Use Authorization)が取得されれば、本来の臨床試験手続きが
免除され、ほぼノーチェックで製造されているからです。安全性が犠牲に
されたCOVIDワクチンに、十分な補償効果があるのかはまだ不明です。
また配信の中でも指摘されていたように、変異種の発生によって、
ワクチンの設計が変更され、その効果が検証されないまま大量生産され、
世界に供給されています。例えば1度目と2度目のワクチン設計が異なると、
体内で産生される抗体のエピトープ(抗原決定基)が変わってしまい、
その結果体内のCOVID-19ウィルスへの免疫作用が中途半端になってしまう
恐れがあります。このようなファーマの動きは拙速としか思えません。

どのワクチンにも一長一短はあり、どれかを選ぶべきではあっても、
その効果を決して過信してはいけないのですが、現状どのCOVIDワクチンも、
その安全性に関しては未だ不十分のように見えます。
個人的には、いま大阪大学が動物実験中のVLPワクチンに期待しています。
FYI : https://www.youtube.com/watch?v=jvjMB2MfNSE&t=363s

2021.04.27 Tue 05:14
Ai Yoshino

Ai

To 名無しさんさん

分子生物学に通じている方からコメントをいただき恐縮です。
そして素敵なコメントをありがとうございます。

大阪大学はその分野では有名のようですね。
ワクチンの開発自体は問題ないと思いますが、
分配の話になると米軍から圧力がかかるのではないかと思います。
今回のワクチンは軍事産業の一環であると思っていますので、
これはもう普通の感染症のパンデミックというよりは
戦争ではないかと思います。
本当に人々はメッセンジャーRNAのワクチンを接種しているのでしょうか?
それさえも私にとっては疑わしいです。

社会へのダメージを行っているのはウイルスではなく政府です。
東京では再度ロックダウンが始まったようですが、
ヨーロッパはかなりひどいようですね。
イタリアでは買い物の時にも証明書が必要とかなんとか。。。
まるでナチス再来といった感じです。
世界が全体主義に走ってます。
そんな恐ろしい世界の流れに飲み込まれないように
信念を持ってこれからも情報発信を続けようと思います。

これからもよろしくお願いします。

2021.04.27 Tue 15:52