なぜバリケードで包囲してるのか

お久しぶりです。
現在出版の準備をしているのでブログの更新ができません。
今はだいたい四分の三ぐらい書き上げたところです。ヒカルランドから出版されます。
詳しくは決まり次第お知らせします。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


トランプ大統領の弾劾裁判はトランプ大統領の無罪で終わりました。

これはわかりきったことだったのであまり気にしませんでしたが、なぜ現役ではない大統領を議会は弾劾しようとしたのでしょうか?本来弾劾とは現役のポジションに就いている人を引きづり降ろすのですが、トランプはすでに大統領というポジションから去っています。こんなこと可能なのでしょうか?実は現在の状況では可能です。なぜかというとガイドラインがないからです。そうなると何でもアリなのです。

1月6日の議事堂占拠を封切にセキュリティが強化され、バイデンの就任式のためにワシントンDCを封鎖しました。そのあとのワシントンDCはどうなっているのでしょうか?毎日ワシントンDCの市内を歩いて様子を中継してくれているYoutuberの方の動画をチェックすると、どうやら就任式以降、現在でもバリケードで包囲されている場所はホワイトハウスと議事堂のようです。

つまりワシントンDCという都市国家の中に政府はさらに別の法人国家を作り上げていたようです。その別の法人国家が現在バリケードで包囲されている場所です。バリケードはどうやら国境なのでしょう。もちろんこれはバイデン政権で始まった話ではなく、正確には2000年からです。

昨日のNewsMaxによるトランプ前大統領のインタビューを聞きましたが、2024年の再出馬の件ははっきりとは語りませんでしたが、すでにMAGAムーブメントのような愛国心は国民の中に芽生えているからもし二回目就任する機会があったら以前のようにエキセントリックな態度を示す必要はないと語ってました。トランプさんは選挙の真相を現在は把握していると思います。もし二回目の大統領に任した場合は、もっと落ち着いたトランプ大統領が見れるかもしれません。もう外国と喧嘩する必要もなくなるでしょう。


毎日徒歩で市内を案内してくれるYoutuberの方

NewsMax のインタビューはこちらをクリック


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

3つのブログランキングに参加しています。
クリックのご協力お願いいたします


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
関連記事
スポンサーサイト



Comment

名無しさん

民間人の[前]大統領を、連邦議会が弾劾したい真の意図は何なのでしょうか?今のDCは、ロンドンのCITYのような治外法権地域なのでしょうか?
最近、気づいたことですが、ニッキーヘイリー氏は、なぜトランプ氏を非難するようになったのでしょうか?

2021.02.18 Thu 21:28
 Ai Yoshino

AI

To 名無しさんさん

議員たちがトランプさんを弾劾した理由は、他にやることがないからだと思います。民主党も本気でトランプさんが反逆罪に問われるとは思ってないと思います。時間稼ぎの政治ショーです。

ヘイリーさんは4年前トランプさんを支持していませんでした。彼女は共和党立候補者の中でマルコ・ルビオ上院議員を支持していました。なのでトランプ政権が国連大使として彼女を使ったのは誰かに頼まれたのでしょう。彼女は今回ちょっと態度を変えるのが早すぎたように思います。7800万人の国民がトランプさんに投票したという事実を政治家たちは忘れてはいけないと思います。

ワシントンDCはもともと都市国家です。50州は子会社のような感じです。その都市国家の中にさらにバリケードで囲った場所が法人として存在しているのだと思います。これには理由があります。ですからバリケードが国境です。州軍が秋ごろまで待機すると言ってるので9月ごろまでこの状態でいくのかもしれません。

2021.02.18 Thu 21:44
 Ai Yoshino

AI

読者の皆様へ

記事の更新はなかなかできませんが、コメントは電子メールに通知が来ますのですぐに返事をすることができます。もし質問、疑問がありましたら遠慮なくコメントをください。

2021.02.18 Thu 21:48