着々と準備は進む - 米国選挙

着々と準備は進む

合衆国法典第28編第42条に従い、連邦最高裁判事が巡回裁判所(サーキット・コート)区の裁判官 としての職務を割り当てられた。(2020年11月20日発効)割り当ては以下の通りだ。

D.C.巡回区 ジョン・ロバーツ長官
第1巡回区 スティーブン・ブライヤー判事
第2巡回区 ソニア・ソトマイヨール判事
第3巡回区 サミュエル・アリート判事
第4巡回区 ジョン・ロバーツ長官
第5巡回区 サミュエル・アリート判事
第6巡回区 ブレット・カバノー判事
第7巡回区 エイミー・バレット判事
第8巡回区 ブレット・カバノー判事
第9巡回区 エレナ・ケイガン判事
第10巡回区 ニール・ゴーサッチ判事
第11巡回区 クラレンス・トーマス判事
連邦巡回区 ジョン・ロバーツ長官

ちなみに地理的にはこちらを見るとわかりやすい。

circuit-court-of-appeals-map.jpg

第9巡回区を割り当てられているエレナ・ケイガン判事はリベラル派であるから、ネバダ州、アリゾナ州からの上訴は難しいかもしれないが、現在問題のあるジョージア州が含まれる第11巡回区は保守派の王道クラレンス・トーマス判事が割り当てられ、ウィスコンシン州のある第7巡回区は保守派のエイミー・バレット判事、ミシガン州はちょっと心配だが保守派のブレット・カバノー判事、そしてペンシルバニア州は保守派のサミュエル・アリート判事が割り当てられている。

準備は着々と進んでいる。来週あたりにクラーケンが放たれる。


ゼウスがクラーケン放つ場面 「タイタンの戦い」より


参考:
巡回裁判所

Circuit Assignments


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

3つのブログランキングに参加しています。
クリックのご協力お願いいたします


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments