北朝鮮の軍事パレード

10月10日、北朝鮮は朝鮮労働党75周年を祝う軍事パレードを行った。前代未聞の夜間の軍事パレードだった。軍事パレードが通常のように昼間から始まると思い込んでいた海外の報道関係者たちは午前11時になってもパレードのライブが始まらないことを受け、実はパレードは始まらないんじゃないのか?と、思ったみたいだが、韓国によると未明にかけてなんやら音が聞こえ始めたらしいが、予行練習なのか本番なのか詳しくわからなかったようだ。結局未明に本番が行われたようで、画像やハイライトは北朝鮮の現地時間で夜7時半にSNSで拡散されたりライブ内容が放送されたようだ。(修正)

色々な憶測が飛んでいるが、まず第一になぜ北朝鮮は今回夜間に軍事パレードを行ったのか?公開されている画像などを見るとよくわかると思うが、漆黒の夜だ。月も星も見えないのは画像を加工しているからだろう。月や星が見えたらいつ何時に実際のパレードをやったのかバレてしまう。ジェームス・キャメロン監督の映画「タイタニック」に出てきた夜の大西洋の星空が実際にタイタニック号が沈没した1912年4月の夜空と違う、といったマニアックからの指摘があって、ジェームス・キャメロン監督は後で夜空の星の位置を修正したそうだ。世の中にはそんなマニアックがいるぐらいだから危ない。

詳細情報は最小限に抑えた夜間軍事パレードだったが、これは複数の日にちを費やして制作・編集したから「夜」を選ばざる得なかったのではないだろうか?昼間の方が修正もバレやすいだろうし、天候の問題もある。李相哲教授の解説によると、金与正朝鮮労働党第1副部長はすでに7月の時点で軍事パレードは夜間に行うことを計画していたみたいだ。7月3日夜にトランプ大統領がサウス・ダコタ州で行った独立記念日集会の映像を入手したいと金与正氏はアメリカ側に要求していたらしい。トランプ大統領が7月11日にウォルター・リード軍医療センターを訪れているから、その時点で10月10日の軍事パレードは夜に行う計画がされたのだろう。その時、ペンタゴンにもCIAにも内緒でウォルター・リード軍医療センター内に北⇔トランプ大統領といったホットラインが結ばれたのではないかと思う。だから今回の10月2日にトランプ大統領が入院した時、「Mission Accomplished」と言ったのも、北の軍事パレードの準備・制作の確認だったのかもしれない。つまり北の夜間軍事パレードはトランプ大統領のアメリカの意図を受けて行われている。CGを使用してまでも実力以上の物凄い規模のパレードを見せなくてはいけないのはアメリカが希望したからであり、そのために異例の夜間パレードを行う必要があったのだろう。これはアメリカによる韓国へのメッセージだ。2017年にトランプ政権が誕生し、米朝の緊張から2018年には緩和へとシフトさせたが、またここに来てシフトするらしい。

金正恩委員長がスーツを着ていたのも驚いたが、北朝鮮の建国者、金日成の姿を重ねたという意見もある。軍事パレードの目玉である、兵器などのショーケースは最新ICBMなどを披露させたが、これで核保有国として西側は認めざるを得ないだろう。アメリカの民主党派などはポンペオ国務長官のヒラリーメイルの暴露といったオクトーバーサプライズよりもこっちの方が大事だろ!と、文句を言ってることだろう。しかしトランプ大統領と一緒に仕組んだだろうから、これをどうアメリカ国内で世論を消化させるかは政治家の務めだ。また戦車のショーケースなどはもちろん韓国へのメッセージだ。李相哲教授も言ってるが、北朝鮮の軍人が韓国の軍事服を着たら見分けがつかないからゲリラ戦をやられたら韓国はヤバい。それを聞いて思わずベトナム戦争を回想した。アメリカ軍はべトコンに悩まされた。ベトナムから帰還したあと、CIAに雇われてアンゴラへ傭兵として行った知人がいるが、ベトナム戦争では見るもの動くもの女子供全部殺したと彼は語っていた。北も南も見分けがつかないから殺すしかないそうだ。それがたとえ相手が白旗を振っていたとしてもだ。

さあ、常識のある韓国人はこの北朝鮮の軍事パレードを見て何を思うか?在韓米軍には残ってほしいと考えるのではないだろうか。こうなればポンペオ国務長官の言う「在韓米軍の必要性」だ。このプラン変更は「中国」を睨んでいるからだろう。またついこの間も海洋水産省の男性職員が北朝鮮側の海域で射殺されたが文在寅大統領は何か北に忖度してると思われている。金正恩委員長がそのことに関して異例の謝罪書簡を送ったらしいが、あとで韓国側がその書簡の修正をしているところからすると、韓国側が謝罪文を書いた可能性が高い。韓国では報道が文政権に規制されているから文政権への不満や文句の報道はコントロールされている。しかし北のスパイともいわれるそんな大統領に対して国民の不満は高いのではないかと思う。マイク・ポンペオ国務長官が韓国訪問をキャンセルしたところを見ると、文政権転覆の日は近いのではないかと思う。近いうちに転覆するかもしれない政権のトップにわざわざ米国務長官が出向く必要はない。




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

3つのブログランキングに参加しています。
クリックのご協力お願いいたします


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
関連記事
スポンサーサイト



Comment

 Ai Yoshino

AI

ライブ内容も北朝鮮10日の夜7時半ごろに放送されたそうですので、記事を一部訂正しました。こちらと12時間時差があるため、ちょっと混乱しました。失礼しました。

2020.10.11 Sun 14:02