FC2ブログ
topimage

2018-12

アメリカの12月の行事 - 2018.12.03 Mon

1年の最後の月である12月に入りました。
少しずつ年末に向けて忙しくなってきているかと思います。

こちらアメリカではユダヤの行事のひとつ、ハヌカ(Hanukkah) が始まりました。
今年のハヌカは12月2日の夕方に開始し、12月10日の夕方に終了します。

ハヌカはユダヤ暦の第9月、キスレーウに8日間祝うので、
毎年日付が違いますが、通常12月(または11月)になります。

ハヌカとはユダヤ教の年中行事の一つで、
マカバイ戦争(紀元前168年 - 紀元前141年)時のエルサレム神殿の奪回を記念する祭りです。
神殿を占拠したギリシア軍は、神殿の燭台(メノラー)を点す油の壷をみな汚しました。
しかし神殿解放の日、やっと1つの油壼が大祭司の封印のまま見つかったのです。
油はわずか1日分にも満たなかったのに、点火してみると何と8日間も燃え続けたそうです。
この奇跡を記念して祭日とされたそうです。なので、光の祭りとも呼ばれています。

ハヌカのお祝いにまず欠かせないのは燭台です。
8枝(台)ともう1つのろうそくをつける台がついていて、9本の台がある燭台です。
これはハヌキヤと呼ばれます。そして、ろうそくを毎日一本ずつ点火していきます。
つまり、ハヌカは8日間のお祭り行事になります。

実はハヌカは特別盛り上がる行事ではなかったのです。
しかし、クリスマス時期、街中が赤、ゴールド、グリーンといった派手な色で染まり、
アメリカの大半の子供たちが一斉にプレゼントをもらうのをユダヤ人たちが見て、
ハヌカに関心を寄せるようになりました。
最近は8日間、親が子供たちに何か小さなプレゼントするようになったそうです。

ちなみに余談ですが、彼らは噂通り、クリスマスの日には中華の出前とるみたいです。
だって、クリスマスに開いてるところは中華料理店ぐらいでしょうから。。。

では、クリスマスは?というと、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭ですが、
実際に12月25日が誕生日だと特定する記述は新約聖書のどこにもありません。
12月25日の生誕祭は、遅くとも345年には西方教会で始まっていたそうで、
ミトラ教の冬至の祭を転用したものではないかと言われています。

最近はずいぶんクリスマスも商業化してますので、感謝祭の方が好きだと言うアメリカ人も多いです。
ちなみに最近のアメリカの統計では神を信じないという無神論者が2割もいるそうです。
つまり、ちょっと風が吹けば共産主義に走る確率の高い人たちが2割もアメリカにいるということです。

そして世界中で愛されるサンタクロース。

サンタクロースの由来はセント・ニコラスという聖人からです。
セント・ニコラスは社会の弱者、貧しい者の味方、航海の守護聖人、商人の守護聖人、
そして子供達の守護神と言われています。

彼にまつわる伝説は多々ありますが、有名な話は貧しい家庭の3人娘の話があります。

貧しさのあまり3人の娘を身売りしなければならない家族の存在を知ったニコラスは、
真夜中にその家を訪れ、窓から金貨を投げ入れました。
このとき暖炉には靴下が下げられていており、金貨はその靴下の中に入り、
この金貨のおかげで家族は娘の身売りを避けられた、という逸話が残されています。
この逸話が今日における子供達が、靴下(ストッキング)に贈り物を詰めてもらう習慣になっています。
(正教会系の国では、セント・ニコラスの祭日は12月6日です)

しかし何故、この聖人が真っ赤な服に帽子を身につけたサンタクロースに変身したのでしょうか?

ニューヨークは元々、オランダ人の移民によって始まった土地です。
1804年にニューヨーク歴史協会が設立され、
メンバーに作家のワシントン・アーヴィング氏が含まれていました。

設立した年のセント・ニコラスの日に、アーヴィング氏は
「ディートリッヒ・ニッカーボッカーによるニュー・ヨークの歴史」という本を出版しました。
そして、オランダ人移民がセント・ニコラスの像を持ち込んだこと、
最初に立てた教会をセント・ニコラスに捧げたこと、
セント・ニコラスの日を祝う習慣があったことなどが書かれています。
この本がセント・ニコラスからサンタへの第一歩となりました。
セント・ニコラスはオランダ語では「シンタクラース」となり、これがサンタクロースの語源です。

ちなみに、このアーヴィング氏の「クリストファー・コロンブスの生涯と航海(1828)」が出版されてから
大航海時代以前の人々が地球平面説を信じていたという誤解が広まったらしいです。
しかし、宝珠にみられるように、すでに中世では球体説を支持していました。
「コロンブスの世界一周航海によって地球平面説が反証された」という近代に生まれた誤解は
もしかしたら大航海時代の真の目的を隠して近代に情報操作しておきたかったのかもしれません。
それにしても、こう言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、
「文字」というのは偽史を正当化するために発明された道具なのでしょう。

ワシントン・アーヴィングはこちらをクリック

さて、国や地域によって異なったサンタのイメージを現在の「赤」で決定的に統一したのは
1931年のコカ・コーラのキャンペーン広告でした。
その後商品化されたサンタクロースはもはや消費者文化であり、セント・ニコラスからかけ離れ、
キリスト教とは全く関係の無い人になりました。
それでも、サンタクロースに赤いお帽子、フリギア帽をかぶせたところが興味深いです。
フリギア帽はフランスの象徴マリアンヌが有名ですが、もともと古代ローマにおいては、
自由身分の解放された奴隷が被るものとして考案され、
その後、隷従から自由への解放の象徴とされました。

santa_coke_ad.jpg

クリスマスに「良い子供たち」がサンタからプレゼントをもらうなら、
「悪い子」が対概念として現れます。

Dr.スース(Theodor Seuss Geisel)は児童文学作家で有名ですが、
そのなかに "How the Grinch Stole Christmas!" (1957) という作品があります。
そこに登場するグリンチ(Grinch)という緑色の悪役キャラが主人公です。
ちなみに「Green(緑)」は「妬む」という意味もあります。
なので、このグリンチは妬み深いキャラなのです。
たぶん、最近の宇宙人が緑色をしているという都市伝説もこの作品の影響かと思います。
緑色の宇宙人のイメージは1957年以降だと思います。

grinch_dr_seuss.jpg

消費者文化に変貌したクリスマスを批判するかのようにクリスマスを盗むグリンチ、
しかし一番大切なのはプレゼントではなく家族や友人との温かいつながりであるという話です。
そしてクリスマスツリーのトップには8方に輝く星。
この8方に輝く星は、映画「ボス・ベイビー」にも見られます。
もちろん、現在のバチカンの紋にもありますが、
もしかしたらバチカンがイエズス会を表に教皇として出しておきながら、
実はしっかりとコントロール済みなのかもしれません。

The_Grinch,_final_poster Coat_of_arms_of_Franciscus.jpg

boss_baby.jpg

dc_tree.jpg


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『Hoax』 ホークス

デマ。人をだますこと、でっち上げ。デマ話。


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

イエズス会

イエズス会も、欲望に暴走する人々のためのハコとしてできたのでは、と思います。
最初にハコを作って枠組みや行動範囲を規定してコントロールを図ってきていると思います。

先生が暴力装置と思想装置は社会に必要と言ってましたからイエズス会は両方備えてるなと思いました。潜入や工作をするさいに、悪側もいないと何もできませんもんね。コメントありがとうございます。^^

そうですね!
白人が率先して世界に「悪事」をはたらいたことで、世界は動いてきましたしね。
國體側の堺利彦が社会党や共産党を作ってゴキブリホイホイしたのと同じかなと思います。

共産党の話はびっくりしました。本当に面白いですよね!
やっぱり一種類で固めてしまうと外敵に弱いと思います。
今の安倍政権も親米、親共がいて、はじめて工作も可能でしょうし。
ヨーロッパがキリスト教を割って勢力を落とすためとはいえ、
カトリックとプロテスタントに国々を振り分けたのも
一種類だと弱くなるからかと思います。
またわざと知らぬふりをして敵を潜ませておくのも手の打ちだと思います。
いあ~、本当に面白いです。落合史観、万歳!

支配ではないですが、コントロールする点においては、正直分割して統治せよと手法は同じようにも思えますが・・・


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://seijimania.blog.fc2.com/tb.php/19-c2354fa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

27兆ドルの男、レオ・ワンタ大使「ルーブル操作と崩壊」 «  | BLOG TOP |  » 第41代米大統領ジョージ・H・W・ブッシュ死去

プロフィール

政治マニアっ子

Author:政治マニアっ子
このブログは巷にあふれる陰謀論やフェイクニュースに疲れた人のための情報サイトです。反日、アナキズム、オカルトや都市伝説を期待している方はよそへ行ってください。

掲示板(BBS)

カテゴリ

はじめに (1)
ニュース (2)
世界情勢 (6)
軍事/戦争 (1)
宗教 (1)
移民問題 (3)
憲法/法律 (1)
メディア (1)
米国中間選挙 (2)
文化/行事 (2)
映画 (1)
未分類 (0)

お勧めの本

最新コメント

月別アーカイブ

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
411位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
71位
サブジャンルランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する