中国から届く不思議な種 - 珈琲ブレイク

中国から届く不思議な種

現在、アメリカやイギリスの個人宅に中国から何か得体のしれない種が
勝手に送り付けられてくるという謎の現象が話題になっているそうだ。

なんで中国からはアメリカに荷物が届いて、
日本からは荷物が届かないのだろうか?

私はこの中国の輸送力の方が得体のしれない種よりも気になる。

現在、日本から国際郵便物の引き受けは新型コロナのせいで一時停止している。
ところが!海外からは郵便物が日本に届くそうだ。(←なぜ?)

日本郵便のサイトをさっそくチェックしてみると、
新型コロナのせいで一部の国際郵便物の引受けを一時停止しているが、
十分な輸送力を確保できた国から順に国際郵便物の引受けを再開するそうだ。

現在再開している対象国は中国、イタリア、ニュージーランド、インドネシア。
母が郵便局に聞いたらアメリカ宛てはまだまだ時間がかかるとのこと。。。

これは本当に輸送力の確保の問題なんだろうか?
中国はいたずらに種を国際便でばら撒くほど輸送力に余裕があるというのに。

そしてなんとアンフェアな郵便料金。
万国郵便連合では発展途上国に対して低い料金を設定しているため、
アメリカでは、サンフランシスコからニューヨークへ送るよりも、
北京からニューヨークに送る方が料金が安いという状態だそうだ。

引用先: 『中国から100円の商品送料無料はなぜできる?』



補足:
『珈琲ブレイク』というカテゴリを作りました。
これからこのような短い独り言や雑談などはこのカテゴリに分類しようと思います。

以前、「役立つアメリカ生活の裏」というコンセプトをもとに現地からでしか分からない
アメリカの事情を人生の哲学をも絡めて様々な情報配信をしていました。
過去のブログ記事やメルマガ記事をまた掘り起こして修正・加筆して
このカテゴリ内で紹介したいと思います。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

3つのブログランキングに参加しています。
クリックのご協力お願いいたします💗


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
スポンサーサイト



0 Comments