時間の逆転、映画「TENET(テネット)」

クリストファー・ノーラン監督の最新映画「TENET(テネット)」の新しい予告動画がネットで公開された。

最初、彼の新作が告知されたとき「えーーー何なの!?」と、予告動画内容に意味不明な部分も多かったのだが、(あたりまえか)
きっとオリジナリティ溢れた、あっと言わせる映画なのだろうと私を含め、ノーラン監督のファンは彼を信じているはずだ。

映画といったポップカルチャーでもすでに「核戦争による第三次世界大戦は古い」というスタンスを示している。これは世界のエネルギー財の転換が起きているからであろう。

ノーラン監督はあまり予告で映画内容を見せないのだが、今回の新しい予告ではもう少し話の内容を理解することができる。きっとコロナの影響で公開予定が遅れるからサービスしたのだろう。



もちろん未公開だし、映画自体を観ていないし、どこかに原作となる小説もないオリジナル作品だけど、この「時間の逆転」が話のコアあるのは確かだ。

クリストファー・ノーラン監督は割と現実的であるからタイムトラベルといった都合の良いファンタジー代物ではないらしい。彼の作品は哲学と科学の融合だ。

この作品の場合は、どうやら主人公がある一定の時間軸を巻き戻し(リバース)することができるみたいだ。彼が時間をリバースさせれば彼は「未来人」だ。

ここで「未来」とはなんだ?ということになるのだが、「未来」とは過去に逆戻りできて初めて存在する時間軸であり、今この瞬間に存在する我々には「未来」という時間軸はないはずだ。

人間の脳内が作り出している感覚が、過去→現在→未来と繋げているだけだ。過去に戻れなければ「未来」という軸はない。今、この瞬間しか存在しないのだ。

あくまでも私見であるが、たぶんクリストファー・ノーラン監督はそういったことを言いたいのかもしれない。

子供の学校が秋に始まったら一人で観に行くぞ。
関連記事
スポンサーサイト