FRBに米財務省を食わせるアメリカ - 経済/金融

FRBに米財務省を食わせるアメリカ

アメリカ過去最大の経済対策法案が下院でも可決された。
そして27日、トランプ米大統領はこの2兆ドル景気刺激法案に署名した。
これで史上最大規模の緊急支援法が成立することになる。

現在、金融だけでなく、実体経済までを巻き込む経済難に直面しており、
これはリーマンショックの時を超えるのではないかと言われている。
この困難な時期を乗り越えるために経済強化を狙う2兆ドル案には
国民に現金注入することにより流動性を提供したり、
そして中小企業や金融市場を安定させる目的がある。

過去の記事はこちらをクリック 『アメリカ人は有事の時は団結する』

数日前に、2兆ドルの緊急援助法案が上院を通過したことを記事に書いたが、
あの時は国民救済の2兆ドルに目が行ってて見逃してしまった。
じつはこの2兆ドルというのは、合計6兆ドル救済パッケージの一部であった。

では残りの4兆ドルはどこへ行くのかと言ったら、
FRB(連邦準備制度)の貸付力強化のためだ。
つまりこの法案によってFRBは新たに4兆ドル規模の資金枠を確保することになる。

日本経済新聞 『FRB、企業に直接資金の異例策 社債購入・融資に4兆ドル』

日経の記事は「特別目的事業体(SPV)」に触れているが、
SPVとは2008年のリーマンショックの時に
FRBがAIGなどを救済するために設立した裏口救済のようなものだ。

さて、この経済カオスのなか、FRBは今月23日に
「円滑な市場機能をサポートするために、
国債と政府機関ローン担保証券の両方を無制限に購入する」と発表した。

この一か月の間に前例のないほどFRBによる
財務省市場の所有権を伸ばしている。
すでに現在、FRBは財務省の市場所有権を15%も食っている。
FRBがこのまま国庫買いのペースを維持すれば2年で飲み込むことになる。

また米財務省がFRBに飲み込まれるということは
IMFから切り離す役割もあるのではないかと思っている。

アメリカの財務省はちょっと特殊であり、
財務省のホームページでも説明されているが
財務省はIMFの管轄である。

これは1934年の金準備法まで時代をさかのぼるらしいが、
ちょうど覇権がイギリスからアメリカへ渡った頃だ。
これはまた別の機会に追及していきたい。

やはり「Foreclosure King(差し押さえ王)」を
米財務長官に指名するのはさすがとしか言いようがない。

こう考えて行くと、この「新型コロナ」の真の参謀はディープステイトとか、
中国共産党、人民解放軍や米軍産などといった幼稚な勢力でないことがよくわかる。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

3つのブログランキングに参加しています。
クリックのご協力お願いいたします。


にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

上記のバナーをクリックすると新しいページが開き、ランキングサイトに飛びます。
そのあとはランキングのページを閉じてブログに戻っていただいてOKです。
ご協力ありがとうございました。


覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments