COVID‐19の行方

中国湖北省武漢から始まったCOVID‐19というウイルス。加藤厚生労働大臣は記者会見で「感染経路が見えなくなってきた」と述べた。すでに二次、三次感染をしているから感染経路が分からなくなりつつある。

今回のCOVID-19がほかのインフルエンザやSARSと違うのは発熱をしても初期の時点では軽症であり、無症状の人もいるのに、突然、重症になるケースがあるということだ。肺炎が重症化して集中治療室へ入れられることもあるが、なかには血液凝固を起こして多臓器不全に陥り死亡するケースがある。

日本にはすでにたくさんの感染者がいるだろう。今はもう「早期発見」と「隔離」しかできないだろう。いかに重症者を拾い上げて死亡者を出さないようにするのが国際的信用につながる。

日本は中国と違って国民を押さえつけることはできないから、政府も「不要不急の外出は控えるように」しか言えない。まあ今の状況では政府は何をやっても叩かれるだろう。

なので個人が気を付ける必要がある。これは社会に対してへの責任でもある。手洗い、うがいは徹底して人の集まるところは今はできる限り控える。うつされない、うつさない。生物兵器だろうと自然のウィルスだろうと間違って実験室から流出しようが、わざと拡散しようがウイルスの対処法は同じだ。

第一に、敵も味方も見境なく感染させるようなものを兵器と呼べるか!?中国共産党が撒いたという人がいるが、経済力と直結してる人たちが経済をストップさせて自ら自分の首を絞めるだろうか?私は研究所から実験中のウイルスが流出したのではないかと思う。

とにかく東京オリンピックに影響は及ぼすだろうし、習近平国家主席の国賓来日も不透明になってきた。日本政府は今の時点では予定どうりと言ってるが、もしこの「国賓来日」が無期延期になる場合は「国賓ナシ」でこのまま新秩序がスタートするかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト



Comment