FC2ブログ
topimage

2018-10

北上している 「キャラバン」 - 2018.10.31 Wed

10月31日はハロウィーンです。

ハロウィーンはもともと、古代ケルト人が起源と言われる祭りであって、
もとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い払う習慣であったらしいです。

なので、一神教から見れば、多神教の行事はあまり好ましくないと思いますが、
子供のお祭りとして、すでに文化の一部になっているので止めはしません。

さらにハロウィーン時期のキャンディー売り上げは$2 Billionです。
(アメリカではチョコレートも何もかもお菓子をキャンディーと呼びます)

1ドル=100円の計算で、$2 Billion なら2千億円。
(私の計算はいつの時代もこのレート)
誰も止めはしないでしょう。

さて、今回は現在アメリカ目指して移動している 「キャラバン」 についてです。

main_900.jpg

「キャラバン (Caravan)」 とは、ペルシャ語の 「カールヴァーン (Karvan)」 に由来する言葉で、
日本語では「隊商」 と訳されています。

しかし現在、アメリカで 「キャラバン」 といったら、
アメリカ入国を目指して北上している移民集団の事です。

以前はメキシコからの違法移民が多かったのですが、
最近はアメリカに不法入国してくる外国人は、
ホンデュラスやグアテマラなどの国の人が多いのです。

もちろん、中間選挙に間に合うように一日の歩く距離など計算されつくしてるのですが、
今回の大規模なキャラバンは交通手段も手配されていたり、水や食べ物も配給されています。
まるで、競歩大会のようです。

さて、さらに計算されたように突如、ハリケーンも彼らの旅路のコースを
通過する予定だったのですが、報道されませんでした。

それは、クリントン夫妻、オバマ夫妻、そのほか複数の著名人宅やCNNニューヨーク支局等宛てに
パイプ爆弾と見られる不審物が入った封筒が郵送される事件が発生したからです。

現時点ではマイアミ郊外に住むトランプ支持(?)の容疑者を拘束しましたが、
あまりにも出来過ぎの事件ですから真相はまだわかりません。

とにかく世間の注目はそちらへ傾き、気づけばハリケーンは消えていました。
ただし、その影響か、先週ノーイースター(Nor'easter) が発生しました。

ノーイースター(Nor'easter)とは?

さて、気が付けばキャラバンも初めのころは家族連れが目立ちましたが、
今は、シングルの出稼ぎ男性が目立ちます。

アメリカはメキシコに圧力をかけましたが、
メキシコの警察隊ではキャラバンを止められず、
現在メキシコシティーあたりを北上中だそうです。

はじめ5000人と言われていたキャラバンですが、
旅の途中に増えて現在は7000人ぐらいいると推測されています。

旅の途中のキャラバンたちがインタビューで
「カルフォルニアを目指している」
と答えていたので、一体どっちの工作なのか?と
考えてしまいます。

181029-migrant-caravan-feature-image.jpg

民主党支持者もこのキャラバンをどう思ってるのでしょうか?
「子供」 や 「赤ちゃん」 の悲惨さを手前に出して報道すれば、
もちろん同情的になり 「受け入れろ!」 と言いだすと思いますが、
現在、家族連れよりもシングル男性の方が優勢のキャラバンの勢いを
同じく 「受け入れろ!」 と、思ってるのでしょうか?
民主党も割れるかもしれません。

現在、メキシコ国境に米軍5000人が派遣予定されています。

次回は一般的な不法入国がどのように行われているのか
また、「コヨーテ」 について書きたいと思います。

補足: 現在、米軍15000人の派遣を用意しています。
増えましたね。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『Coyote』 コヨーテ

イヌ科の哺乳類ですが、俗に不法移民のための「道案内人」


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。


覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

スポンサーサイト



陰謀論、フェイクニュースを斬る! - 2018.10.30 Tue

こんにちは、アメリカでは11月6日の中間選挙が迫ってきました。

インターネットのおかげでテレビや新聞といった媒体に頼らずとも
日本から海外のニュースをリアルタイムで知ることが出来ます。

今では「情報を制する者が世界を制する」 とまで言われています。

特に最近はテレビや新聞は 「フェイクニュース」 とまで言われ、
国民のメディア離れが全体的に広まっているのではないかと思います。

とても良いことだと思います。

しかし、「テレビや新聞は信用できない」 ために、
国民は主要メディアから独立系メディアへと移行し、
さらには無責任な 「陰謀論系」 へと流れているようです。

もちろん、アメリカにも陰謀論を信じている人もいます。

しかし、大抵の陰謀論信者は反政府的であり、
これもダメ、あれもダメ
唯一、良いのは自己の理想論だけであり、それ以外は受け入れず、
非現実的であり、排他的であり、ヒーロー気どりであり、
これでは彼らが敵視しているイエズス会とかロスチャイルドとかシオニストとかという
一神教思想と大差ないです。

つまり、口だけで理想論を押し付けている単なる無責任な集団と
それを信じる信者たちとの間で商売が成り立ってるのです。

確かに、情報弱者側も悪いのかもしれません。

しかし、戦後の自虐史観の中で過ごした
わたしたちの洗脳を解くには時間と仲間が必要です。

このまま、井の中の蛙で終わってしまっては人生つまらないと思います。

アメリカもこの自虐史観の波が押し寄せました。
それは、第45代アメリカ合衆国大統領がトランプ氏に決定したからです。

6249d9c4-caca-4b11-914f-f1a7d153622b.jpg

国歌をボイコットし、国旗を焼く人まで現れました。
一部のアメリカ国民はエキサイティングに喝采し
そうした非愛国的行為を褒めたたえました。

わたしはこのままではアメリカも戦後の日本のように
自虐史観が広まり国が分離するかもしれない、
アメリカは多民族国家だから自虐史観が広まったら
立ち直るのに70年以上かかるんではないか?と思いました。

しかし、そういったあまりにも非常識的な行為がかえって逆効果になり
リベラル有権者が民主党を離れ、トランプ大統領を支持し始めたのです。
このムーブメントを #WalkAway Movement と呼び、
11月6日の中間選挙へ向けて革命を起こしています。

さらに、代々 「黒人は民主党」 という潜在意識にある掟を破り、
黒人の保守派がカミングアウトして #WalkAway Movementにジョイントしました。

「独自でリサーチして考えた末、民主党を去った。
これで、毎日朝起きてみじめな気分にならなくて済んだ」

そう、今までメディアを鵜呑みにしてきた彼らは違和感を覚え、
独自にリサーチをして自分で考えた末、決断したのです。

アメリカ国内にRED WAVE(共和党支持の津波現象)が起きているのです。
たぶん、日本では報道しないと思います。
それはアメリカでもFoxNewsしか報道していないからです。

もちろん、共和党のすべてのポリシーに賛成は出来なくても
今は皆、トランプ大統領とトランプ政権に歩み寄っているのです。

Trump-crowd-Houston_840x480.jpg

ということで、これから陰謀論やフェイクニュースを斬っていきますので
日本のメディアが伝えない米国情報を是非お役立てください。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『BLAXIT』 ブラグジット

黒人有権者が民主党から離脱する現象


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。


覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

はじめに - 2018.10.29 Mon

こんにちは、『政治マニアっ子』です。
現地からでしか分からないアメリカの事情をこのブログを通して日本の皆様にお伝えしたいと思います。
はじめのうちは記事の投稿も不規則になると思いますが、ご了承ください。
今後ともよろしくお願いいたします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

政治マニアっ子

Author:政治マニアっ子
埼玉県生まれ。高校留学を経て、ペンシルバニア州にある州立大学卒業後、ニューヨークに移動、バイヤーの職に就く。9.11テロ事件後、犬のブリーダー(シェパード)トレーナーとして起業の道を歩む。渡米歴20年以上。趣味は映画鑑賞、読書。特技は犬の心理を読むこと。語学は英語の他にスペイン語も。自分が本当に伝えたいことを伝えるブロガー。現在、電子書籍をアマゾンから出版中。メルマガ登録はこちらから
https://seijimania.com/

このブログについて

このブログは巷にあふれる陰謀論やフェイクニュースに疲れた人のための情報サイトです。反日、アナキズム、オカルトや都市伝説を期待している方はよそへ行ってください。

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
ニュース (14)
世界情勢 (11)
経済/金融 (1)
軍事/戦争 (1)
宗教 (3)
移民問題 (6)
憲法/法律 (1)
歴史 (1)
教育 (1)
メディア (1)
米国選挙 (3)
文化/行事 (6)
映画 (4)
お知らせ (2)
未分類 (0)
美術 (0)

お勧めの本

6巻以降は紀州文化振興会から発行 紀州文化振興会サイトへ

最新コメント

株価ボード

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する