FC2ブログ
topimage

2019-08

アメリカのTVメディアを斬る! - 2018.11.10 Sat

アメリカに FCC (Federal Communications Commission)という組織があります。

FCCとは連邦通信委員会、つまり、米国内の放送通信事業の規制監督など
全米マスメディアを司るところです。

FCCは通常、大統領によって任命、上院で承認されます。任期は5年。
両党の数のバランスを保つため5人の委員を各党、2:3以上の割合にならないよう管理しています。
その5人の中から、大統領は委員長を任命します。

ちなみに、9.11アメリカ同時多発テロの数カ月前にブッシュ大統領によって任命された
マイケル・コップスFCC委員長はイエズス会の人間です。
当時の、ドナルド・ラムズフェルド国防長官、ジョージ・テネットCIA長官もイエズス会の人間でした。

また、オバマ時代の2012 &2013年の米国防費に
US Information and Educational Exchange Act of 1948の更新が含まれていました。
(スミス・ムント法)

1948年スミス・ムント法(連邦情報・教育交換法)とは、米国の対外広報政策で、
国際社会で米国の海外イメージを強化することです。
詳しくは、吉本秀子氏の「米国スミス・ムント法と沖縄 CIE の情報教育プログラム 1948-1952」に
説明されています。

興味のあるかたはこちらをクリック(PDF)

さてそんな国民洗脳道具のメディアですが、アメリカがそういうわけですから
それを鵜呑みにして翻訳する日本のマスメディアも腐ってるわけです。

数日前にトランプ大統領が中間選挙報告のためにホワイトハウスで記者会見を開きました。
その記者会見の場で、CNNの特派員記者ジム・アコスタ氏の態度がメディアで話題になりました。
そしてその夜、ホワイトハウスはアコスタ氏のホワイトハウス入庁許可証と、
取材許可を一時的に剥奪する処置を発表しました。

acosta_trump.jpg

まず、アコスタ氏の質問がですね、中身がないんです。
アコスタ氏も分かって時間稼ぎをやっています。
それでも、トランプ大統領は正論で返しています。
ところが、トランプ大統領の返事が正論すぎて、結局アコスタ氏は正論に突っ込めず、
中身のない会話をだらだらと続けることで嫌がらせをすることしかできないんです。
なので、これ以上会話を続けても無意味なので次の人に行こうとするんですが、
次の人もNBCの記者で同等レベルなんですね。(笑)



アコスタ氏はトランプ氏が大統領選に出馬した時からCNNのトランプ氏専用の記者です。
最初は誰もがトランプ氏が共和党の大統領立候補に決まるとは思っていませんでしたので、
アコスタ氏もCNNもそんなに目に余るような強い反発は見せていませんでした。
ところが、共和党の出馬がトランプ氏に決まると、どこの放送局も(FoxNews以外)
だんだんトランプ叩きがエスカレートしていきました。

実は、唯一の保守派テレビのFoxNewsでさえも、選挙日当日、
ヒラリー・クリントン氏勝利の原稿が用意されていたそうです。
きっと、最後の最後でトランプ氏に決定したのでしょう。
翌日、FoxNewsの社長はクリントン勝利の原稿をもってトランプタワーに挨拶にいったそうです。

そしてトランプ大統領に決定してから、メディアはトランプ大統領潰しにかかり、
アコスタ氏はCNNのCEOジェフ・ザッカー氏の捨て駒の犬になり下がり
視聴率では保守派のFoxNewsを超えられないどころか、CNNの視聴率は下がりまくり
それををなんとか保とうと、毎回悪意のある質問やマナーの悪さなどで話題作りをしているのだと思います。
CNNの下がりつつある視聴率をキープするためとは言え、
ジャーナリストとしてのプライドはないのだろうか?

ちなみに、アメリカの空港で流れるニュースはCNNと決まっていたのですが(裏で契約していたから)
最近はそういったこともバレてしまいました。
ついこの間、とある空港で「FoxNews」が放送されたと話題になりました。
時代の変化ですね。

よくアメリカでは社交の場で「宗教と政治の話をしてはいけない」と言います。
アメリカは個人主義なところがあるので、意見が食い違うととことん攻撃的になりますが、
逆に意見や利益が一致すると、とことん協力性を発揮する国民でもあります。
まさに、傭兵国家であります。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『Invasion』 インベイジョン

侵攻、侵入。
アコスタ氏の質問は「なぜキャラバンをInvasionと悪者扱いするのか?」
それに対して、トランプ大統領は
「わたしは侵攻と思っている。君とわたしのキャラバンに対して見方、意見が違う」


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。


覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

政治マニアっ子

Author:政治マニアっ子
埼玉県生まれ。高校留学を経て、ペンシルバニア州にある州立大学卒業後、ニューヨークに移動、バイヤーの職に就く。9.11テロ事件後、犬のブリーダー(シェパード)トレーナーとして起業の道を歩む。渡米歴20年以上。趣味は映画鑑賞、読書。特技は犬の心理を読むこと。語学は英語の他にスペイン語も。自分が本当に伝えたいことを伝えるブロガー。現在、電子書籍をアマゾンから出版中。メルマガ登録はこちらから
https://seijimania.com/

このブログについて

このブログは巷にあふれる陰謀論やフェイクニュースに疲れた人のための情報サイトです。反日、アナキズム、オカルトや都市伝説を期待している方はよそへ行ってください。

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
ニュース (14)
世界情勢 (11)
経済/金融 (1)
軍事/戦争 (1)
宗教 (3)
移民問題 (6)
憲法/法律 (1)
歴史 (1)
教育 (1)
メディア (1)
米国選挙 (3)
文化/行事 (6)
映画 (4)
お知らせ (2)
未分類 (0)
美術 (0)

お勧めの本

6巻以降は紀州文化振興会から発行 紀州文化振興会サイトへ

最新コメント

株価ボード

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する