経済/金融 - 1ページ目15 - メディアが伝えない米国事情

category: 経済/金融  1/1

FRBに米財務省を食わせるアメリカ

No image

アメリカ過去最大の経済対策法案が下院でも可決された。そして27日、トランプ米大統領はこの2兆ドル景気刺激法案に署名した。これで史上最大規模の緊急支援法が成立することになる。現在、金融だけでなく、実体経済までを巻き込む経済難に直面しており、これはリーマンショックの時を超えるのではないかと言われている。この困難な時期を乗り越えるために経済強化を狙う2兆ドル案には国民に現金注入することにより流動性を提供し...

  •  0
  •  0

覇権資本主義の行き過ぎに終止符を打つコロナ

3月17日はアイルランドの休日、セント・パトリックス・デー。アイルランドにカトリックを布教した聖パトリックの功績を記念した日だ。アメリカはアイルランド系移民も多い。共和党寄りのテレビメディア、Fox Newsのニュースキャスターはアイルランド系が多い。(CNNはユダヤ系が多い)セントパトリックスデーは、たとえアイルランド移民でなくてもみなさんアイリッシュ・パブでビールを楽しみ、人種関係なく、盛り上がります。まあ...

  •  0
  •  0

日出ずる国は不利だ

昨日、13日の午後にトランプ大統領はホワイトハウスのローズガーデンで国内のコロナ感染拡大を受け、国家非常事態を宣言した。株価暴落あとの非常事態宣言でもあった。株価が再暴落したのはアメリカがイギリス・アイルランドなどを除くヨーロッパからの入国を30日間禁止といった人の移動を制限したからだが、ヨーロッパからしたら寝耳に水だったそうだ。世界経済の損失額は2020年だけで100兆円を超えるとの予測も出ている。はっき...

  •  0
  •  0

コロナはブラックスワンか?

白鳥(スワン)は白い鳥だ。ところが突然変異で黒い遺伝子を持つブラックスワンもまれにいる。予期しない現象、まさかの落とし穴、これをブラックスワン現象というが、とりわけ予測できない突然発生するような金融危機のことを比喩する場合が多い。2008年のリーマンショックによる金融危機がそんな感じだ。それが、今回のコロナによる金融市場の大波乱もブラックスワンだとの指摘が投資家たちから出始めている。案の定、ドルを捨て...

  •  0
  •  0

コロナで経済成長というメッキがはがれる

No image

コロナ感染への影響を受けた株式市場の株価の落下はなんと2008年の金融危機以来の最悪の規模だったそうだ。そこで安倍総理が2月29日に記者会見を開いて、第二弾の緊急対応策を10日程度でまとめると表明した。FRBも昨年の終わりごろからチビチビと金融緩和らしいものをやっていたが、さすがに今回はドカンとやらざる得なくなった。週が明けると今まで高かったゴールドの値段が落下した。どこからと先物で値段を操作して下げたのだろ...

  •  0
  •  0

リポマンがやって来る

レポマン(1984)という映画を見たことありますか?レポマンとはリポゼッション・マン(Repossession Man= 差し押さえる人)回収業者です。アメリカでリポマンと言ったら、自動車を回収する業者です。通常、私たちはローンを組んで車を購入しますが、月々の支払いが遅れだし、滞納し始めると、まあ、今ですとだいたい3、4か月ぐらいで銀行側がローン未支払いの車を差し押さえようとします。(ローンを払いきらない限り、車のタイ...

  •  1
  •  0

力をつけるゴールド、円に固定するドル

新型コロナウィルスの影響で株式市場は下落している。さらに中国政府は春節(旧正月)の連休を延長すると発表した。複数の都市も事実上封鎖されている。つまり中国の金融市場の閉場がさらに延期されることになった。これはすごい!さらに上海でさえも市民に必要な業種以外であれば企業は2月9日、学校も2月17日まで活動禁止とのこと。とにかく、ウィルスにかかるのならかかって抗体をつくってしまえばそれ以上は感染が広まらないか...

  •  0
  •  0

新型肺炎とパンデミック相場

2019年の年末から中国湖北省の武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎が流行し、感染拡大を防ぐため、中国交通運輸省は湖北省武漢市の実質的な封鎖に乗り出した。中国以外でもタイ、フィリピン、ベトナム、シンガポール、米国、台湾、韓国、日本で感染が確認されているため、パンデミックを引き起こしかねないとして各国が警戒を強めている。中国当局によると、1月22日時点で中国国内の新型肺炎の発症者は571人に達し、この新型コロ...

  •  0
  •  0

ブレトン・ウッズ体制に代わる「一帯一路」計画

先月、11月21日に北京で「2019年ニューエコノミーフォーラム」が開催された。なんとヘンリー・キッシンジャー元国務長官が登壇した。御年96歳、つえを突きながらだが、キッシンジャー氏は現在の米中関係をフォーラムで語った。「米中関係はこのまま終わりなき対抗を続ければ、カタストロフィーと化し、過去の世界大戦よりも最悪な結果をもたらす。世界経済の未来は両国のリーダーにかかっている。一方が他方を支配できると考えるこ...

  •  1
  •  0

米中貿易戦争

6月に入りました。今年もあと残り半分です。さて、米中貿易戦争真っただ中、 トランプ大統領が国賓として先月末に来日しました。 これからの日米の貿易協議の同意を行うためかと思います。今月末にはG20大阪サミットもあります。戦争とはなにもジェノサイドだけが戦争ではありません。 現在、世界の通信システムの覇権をめぐり、 アメリカがファーウェイを筆頭に経済制裁で中国に圧力をかけています。トランプ大統領の「自国フ...

  •  0
  •  0