ニュース - 1ページ目10 - メディアが伝えない米国事情

category: ニュース  1/3

李登輝台湾元総統死去

7月30日、台湾の李登輝元総統が97歳で死去した。過去にダイヤモンドOnlineが李氏へインタビューした記事が哀悼を込めて再掲載されている。【追悼】李登輝・台湾元総統ラストインタビュー(上)「リーダーなき世界で日本は今、何を考えるべきか」【追悼】李登輝・台湾元総統ラストインタビュー(下)「日本に言い遺しておきたいことがある」ご冥福を心よりお祈り申し上げます。1995年、私は大学一年生の時の寮生活で、台湾人の女の...

  •  0
  •  0

「米国民の雇用確保」のため、一部就労ビザ発給停止

「2019年新型コロナウイルス大流行後の経済回復期における米国労働市場へのリスクとなる移民及び非移民の入国の停止」に関する大統領布告の発表6月22日、トランプ大統領は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた米国民の雇用を確保するために、非移民ビザによる米国への入国の制限に関する大統領令を公布した。この大統領令は6月24日午前12時から12月31日までの間有効だが、必要により延長される可能性もある。...

  •  0
  •  0

立ち上がる警察

6月9日 ニューヨークPolice Benevolent Association of the City of New York (NYC PBA)警察組合 マイク・オミーラ会長警察は毎年、3億7,500万回も社会に応答する、3億7,500万回もの数だが圧倒的にポジティブな応答なんだ。圧倒的にポジティブな応答だ!圧倒的に、、、(たぶん警察に通報する数、911などの緊急が毎年そのぐらいの数になるんだろうね)でも私は今週ずっと新聞読んだけど、、、「黒人コミュニティではわが子が学...

  •  0
  •  0

罪名「第二級殺人罪」に変更

5月25日、ミネソタ州ミネアポリスでジョージ・フロイド氏が死亡した事件で元警官のデレク・チョービン被告の罪名が第二級殺人罪に変更された。メディアで公開された商店街にある監視カメラ以外にも、その場に居合わせたアマチュアが撮影した動画もネットで公開されている。色々な動画を合わせて観察すると、殺意があったのは事実だ。またミネソタ州司法当局は他の3人の元警官についても第2級殺人の幇助(ほうじょ)罪で起訴した...

  •  1
  •  0

ミネアポリスの暴動はISISの中東での破壊に似てる

アメリカと中国の間に緊張感が漂っているが、軍事衝突に発展しないようにコントロールするのがトランプ大統領と習近平国家主席の役割だろう。そのためのコロナ騒ぎでもあったはずだ。(どこの国がアメリカ軍と互角に戦えるのだろうか?)とくにアメリカでは11月に大統領選挙が控えているため、中国という「仮想敵国」を作り上げる目的もあるだろう。バイデン前副大統領はきっとトランプ大統領のコロナ対策を批判してくるだろうし、...

  •  2
  •  0

よし、緊急事態宣言だ!

安倍首相、1カ月間の緊急事態宣言を表明 108兆円の経済対策(Reuters 2020年4月6日 記事)ようやく緊急事態宣言が出る。これは財務省との戦いだから、メディアを使って「安倍叩き」が一層、強化されこれから目に余るような「安倍降ろし」が始まるだろう。だいたい、緊急事態宣言の内容自体のデマが飛び交ってるんだから。監視されるとか財産を没収される???といった内容までもだ。みんな冷静になってほしい。。。日本の場合は...

  •  2
  •  0

検査数増は医療崩壊を引き起こすのか?

イタリアでコロナ感染死者が8千人を超えた。スペインでも死者は5千人に近づいている。最初、イタリアで水際対策が遅れたために、PCR検査を増やしたら、医療崩壊が起きたのかと思っていた。実際に、韓国では宗教集会で集団感染が起きた後、そういった傾向にあったと思う。しかし韓国は今では死者の数も落ち着いて、アメリカやイギリスは韓国を比較モデルとして参考にしている。韓国では一時期死亡者が急増したが、全国16ヵ所に...

  •  4
  •  0

2020年東京五輪・パラリンピックは延期へ

ようやく今年の東京五輪・パラリンピックの延期が正式に発表された。さすがにこんだけ世界で感染が広がって苦しんでいるのに政治的理由で強行突破ごとき開催なんて、「空気の読めない国」、英語では「OUT OF TOUCH (アウト・オブ・タッチ)」と海外から非難されそうだ。以前に「選手村マンション」について記事を書いたが、どうやら販売開始時期も並行して延期になるらしい。時事通信社(2020年3月23日記事)選手村マンション販...

  •  0
  •  0

COVID‐19の行方

中国湖北省武漢から始まったCOVID‐19というウイルス。加藤厚生労働大臣は記者会見で「感染経路が見えなくなってきた」と述べた。すでに二次、三次感染をしているから感染経路が分からなくなりつつある。今回のCOVID-19がほかのインフルエンザやSARSと違うのは発熱をしても初期の時点では軽症であり、無症状の人もいるのに突然、重症になるケースがあるということだ。肺炎が重症化して集中治療室へ入れられることもあるが、なかには...

  •  0
  •  0

中国に衝撃が走った李文亮医師の死亡ニュース

李文亮医師が武漢肺炎により死亡し、中国に衝撃が走った。彼は武漢市の病院で新型コロナウイルスによる肺炎の発生を12月の時点で医療コミュニティの仲間にチャットで早期警告していた。当時はまだ検査キットなどもなく、医療現場は新型ウィルスなのか判断がつかず、ヒトからヒトへの感染が起きているとはまだ知られていなかった。(新型コロナウイルスと発表されたのは1月6日)そしてこのチャットのスクリーンショットから李文亮医...

  •  0
  •  0