FC2ブログ
topimage

2019-08

ジェフリー・エプスタインは自殺か他殺か? - 2019.08.18 Sun

ジェフリー・エプスタイン被告がマンハッタンの刑務所のなかで死んだ。

これは誰もが予測できたわけで、殺されたのではないか?という説が、
陰謀論者以外でも、一般の人々の中でも渦を巻いている。
それは彼の交友関係は幅広く、特にビル・クリントン氏は有名で
なかにはイギリス王室のアンドルー王子などまでおよぶ。

過去にフロリダ州で未成年買春容疑で起訴されたが、
その時は大金を払って司法取引が行われた。(2007年)
この時のエプスタイン被告を弁護したのは
トランプ政権の労働長官であったアレクサンダー・アコスタ氏であり、
アコスタ氏は2019年7月に労働長官の職を辞している。

さて、今回は2007年とは別に逮捕状が出された。

2019年7月6日、警察側はエプスタイン氏がパリから自家用機で帰国する情報を得て、
ニュージャージー州の空港で待機しており、着陸直後、速攻逮捕。
容疑は、2002年から2005年までの間、マンハッタン、ニューヨーク、パームビーチの自宅で
14歳を含む未成年の少女数十人を性的に搾取した疑いであるが、今更である。
ここに、ゴキブリホイホイの役目を終わらせる勢力の力がかかったようにも感じる。

エプスタイン氏はニューヨーク州の地方裁判所の法廷で無罪を主張したが、
再審の申し立てで拘留されていたニューヨーク州マンハッタンの拘置所内で
首を吊って自殺したと発表された。
(一回、自殺未遂?もあった。殺し損ねたのか???)

自殺にしては不可解なことも多い。
解剖の結果、首に骨折の跡がみられ、「首を吊って自殺」と片付けられてしまったが、
監視カメラに問題があり録画はされていなかったから他殺という証拠がない。
ウィリアム・バー司法長官は調査を進めていく方針だ。

ジェフリー・エプスタインはヴァージン諸島の一角の島を所有するほどの大富豪である。
高校の数学教師からコネで金融業界に転職し(ユダヤのコネであろう)
その後、独立し、ヘッジファンドの経営を通じて財を成したそうだが
ヘッジファンドの経営と児童買春の経営だけで普通はあんな大富豪になれない。
どこからか大富豪に仕立て上げられた可能性がある。

彼の児童買春ビジネス・パートナーであるギレーヌ・マクスウェル氏は
メディア王ロバート・マクスウェル氏の娘である。

ロバート・マクスウェルは一代でメディア帝国を築き上げたといわれるが
そんなことはあり得ないので、ここには裏資金が入ったと考える。

ロバート・マクスウェルはチェコスロバキアの貧しいユダヤ人で、
17歳で難民となってイギリスに逃れ、翌年イギリス陸軍の工兵部隊に入り、
1943年にノーススタフォードシャー連隊に移った。

彼は軍曹としてノルマンディー上陸に参加して西部戦線を転戦し、
知力と語学の才能を生かして様々な任務をこなし昇進を重ね大尉になった。
戦後、彼は連合軍占領下のベルリンで、イギリス軍司令部の新聞検閲官として働き
後に占領軍当局内で築いた様々な人脈を用いてビジネスを行い、
そしてメディア王としてマクスウェルという名を広めた。

ものすごい経歴だが、彼を裏から支えたのはモサドであろう。
1991年に事故死した時、(暗殺とのうわさもあり)
マクスウェル氏の葬儀はイスラエルで盛大に行われた。

話がそれたが、そのマクスウェル氏の末娘がギレーヌ・マクスウェル氏で
彼女がエプスタイン被告と一緒に児童買春ビジネスを展開していた。

落合莞爾氏の吉薗シリーズを読んでいただくと説明されているが
スパイの任務には「草」「歩」「犬」という種類があり、
吉薗周蔵は元帥陸軍大将上原勇作に「草になれ」と言われたが、
任務の内容はどちらかというと「犬」のような気がする。

「草」の場合、任務が親から子に受け継がれることがある。

つまりモサドの一員であった父親の任務を継いで
ギレーヌ・マクスウェル氏は異常性癖のある世界の著名人のリストをつくり
証拠をモサドに流していた可能性がある。

エプスタイン氏が大富豪になったのもそういった勢力に担がれたと思う。
イスラエルの国防に直結しているスタートアップ企業のなかで
Carbyneにもエプスタイン氏は投資していた。

欲があればあるほど扱いやすい、エプスタインは駒にすぎない。
今の時代、偽装死なんかしたら、その後の護衛にお金がかかる。
偽装死させて生かすほどの価値もないだろう。

死人に口なしである。
ギレーヌ・マクスウェル氏がどう逃げ切るのかに注目したい。

お・ま・け
ジェフリー・エプスタイン氏のマンハッタンの自宅から発見された、まさかの油絵!

bizarre_portrait.jpg
bizarre_portrait1.jpg

人間、時間を持て余すとろくな事を考えないけど、
お金を持て余してもろくな事をしませんねぇ。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『Cold Turkey』 コールド・ターキー

冷たい七面鳥ですが、この場合、薬物を止めたりする時に起こる
禁断症状を英語で 「コールド・ターキー」といいます。
これはドラッグの禁断症状だけでなく、
煙草をやめたときなどにも使えるスラングです。

例えば禁煙3日目などでは
「コールド・ターキー、3日目」 なんて言います。



ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

スポンサーサイト



トランプ大統領の「国に帰れ」のツイートの件 - 2019.07.18 Thu

トランプ大統領のマイノリティ女性議員に対する「国へ帰れ」発言に、
米下院が非難決議を可決しました。
しかし一言言わせていただきたい。

下院がいつまでたっても移民問題に対して予算を通さず、
エンドレスに北上してくる移民を収容するための施設は極限状態であり
まずは「亡命」を認められなかった不法移民を対象に
先週末から行われたICE(米国移民・関税執行局)による移民取り締まりに対し
過激なリベラル派たちはコロラド州のICEのオフィスの前に揚がっている
星条旗を降ろしてメキシコの国旗を掲揚し、
さらに落書きされた「Blue lives matter(警察官の命も大切)」を逆さに揚げました。
マイノリティ女性議員たちはこういった過激なリベラル派を包容しています。

ICE_protest.jpg
ICE_protest2.jpg

もし、日本で日本に住む韓国人たちが日の丸を降ろして
代わりに韓国の国旗を揚げたら皆さんはどう思うでしょうか?
そんなに自国が良ければさっさと帰れ、と思いませんか?

トランプ大統領は「国に帰れ」とツイートしましたが、
マイノリティ女性民主党議員4人がはっきりとツイートで名指しされたわけでもありません。
私は2名が対象かと思いましたが、気がついたら4名挙がってました。
新人の彼女たちにとっても話題性は必須。
待ってましたとばかりに「人種差別カード」で反撃に出ます。
ちなみに彼女たちが人種差別するのはOKらしいです。
しかも、彼女たちはトランプ氏を「トランプ大統領」と呼びません。
「ホワイトハウスを占有してる人」と呼んでいます。

彼女たちのボスであるマダム・スピーカーのナンシー・ペロシ氏からでさえも
「ツイッターの世界でしか支持のない議員たち」と嫌味まで言われたこの女性たち。
彼女らはリベラルを代表する民主党議員であり、新人であり、
下院議員の任期は2年で、選挙のたびに全員が改選されるから
話題を作るなり印象付けないと2020年の再選も危ういのでしょう。

こんな発言に人種差別主義者とか陳腐である。

女性が政治家になるのも素晴らしいと思うが、
時代をつくる女性もいれば、時代を終わらせる女性もいる。
ヨーロッパも欧州中央銀行総裁、EUトップの欧州委員長は今年の秋から女性になる。

はたして彼女たちは時代をつくるのか、終わらせるのか。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『Blue Lives Matter』 ブルー・ライヴス・マター

Blueは青色の制服を着た警察官のことであり、
Black Lives Matter(黒人の命も大事)というスローガンに対し
警官の命も尊重しろという反対な立場のスローガンが登場。
Blue lives matterの場合は黒白の星条旗に青が一本入ります。



ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

米国防長官の交代 - 2019.06.20 Thu

ジェームス・マティス米国防長官が去年いっぱいで退任して以来、
トランプ大統領はパトリック・シャナハン氏を代行として指名していたが
突然、家庭内問題でシャナハン氏が上院による承認手続きを辞退した。

過去に17歳の息子さんが母親をバットで殴って病院送りにした時、
警察に息子さんを引き渡さなかった過去があったそうで、
国防長官として承認されるのが難しいかもしれないと言われていたが
6か月も代行をしていて、今更である。

この国防長官の変更劇は、例のイラン問題直後であったため、
シャナハン氏は自ら責任を取って辞退したのではないだろうか?
シャナハン氏は参謀とか軍人というよりも軍需産業の出身である。
多分今回のイラン問題で、トランプ大統領にちゃんと情報が行かなかったように思う。
だからアメリカが即座に「イランがやったイランがやった」と、
必要以上に声を上げてしまったのではないだろうか?

私はタンカー攻撃は原油の値段を上げるためと思ったが、
それにしてもその後の各国の態度がちぐはぐであった。
アメリカがあまりにも「イランがやったイランがやった」と言うもんだから
イランが「濃縮ウランの生産量を増やす」とまで言い始めて
せっかく安倍さんがイランへ行ったのに、、、と同情してしまう。
イランの方も7月上旬までまだ時間がすこしあるので余裕を見せている。

ちなみに新たな国防長官候補に指名されたのはマーク・エスパー陸軍長官。
エスパー氏はポンペオ国務長官と同じウエスト・ポイント出身である。

トランプ大統領はイランに対抗するため米兵1000人を中東に増派すると発表した。
この米兵1000人はあくまでもサポートの目的であり、
互いに「戦争は望まない」のは本音であると思う。
そして今度はホルムズ海峡周辺を飛行していたアメリカのドローンが
IRGCによって撃墜されたと発表された。

IRGC=Islamic Revolutionary Guard Corps=イスラム革命防衛隊(イランの軍隊組織)

今回は、はっきりとIRGCによって撃墜されたと発表しているので、
先週のタンカー攻撃はいろいろな説が飛び交っているから
もう一度緊張感を演出し、ステージを作り直したのではないだろうか?

もちろんシナリオを描く参謀がいて、二国間も落としどころをつけているはずである。
あとはその目標に目を向けながら政体としていかに自国に有利に運ぶかであると思う。

mattis_esper.jpg


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『American Revolutionary War』 レボリューショナリー・ワー

アメリカ独立戦争。
アメリカではRevolutionaly Warと呼びます。
アメリカでは7月4日が独立記念日でお祝いしますが、
7月4日に独立したわけではありません。
1776年7月4日に北米13植民地が独立を宣言したのです。


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

イスラエル総選挙 - 2019.04.10 Wed

イスラエル総選挙が昨日9日に始まった。
最終的な結果は12日までに確定するらしいが、
ネタニヤフ氏が勝利することがほぼ確定となった。

これでネタニヤフ首相は在任期間がイスラエル史上最長になる。

昨日テレビで少し見ていたが、割と接戦だったのではないだろうか?
ネタニヤフ氏には選挙前の汚職疑惑や、エルサレムをめぐっての暴動など
不利な条件があった。

今回の相手は政治経験のないベニー・ガンツ氏であるが、
彼は元軍参謀総長だ。
1995年に暗殺されたラビン首相も元軍参謀総長であった。

また、ネタニヤフ氏が勝利しても汚職疑惑で刑事告訴される可能性もある。
(実際に汚職問題に関与しているのだと思うが)

現在のグローバリズム政治も腐敗し、世界はナショナリズムへの転換中であるから
国民は優れた指導者による政治を待望している。

人間の発明の一つに民主主義がある。
紀元前5世紀前後の古代ギリシャは世界初の民主主義を発展させた。
しかし人々は土地や貨幣に縛られ官僚的で支配的な文化に退化し、
自由と平等を発展させた古代ギリシャの民主主義は自ら滅びた。

時代は常に変化の繰り返しである。

election_israel.jpg


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『Israelites』 イスリア(ル)ライト

イスラエル人 (民族)。古代ヘブライ人。日本でいう「ユダヤ人」のJew(ジュー)は
文化的、宗教的なユダヤ教(Judaism)から来てる宗教集団であって
英語のJewまたはJewishにユダヤ人という民族の意味はない。


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

ロシアゲートはトランプ大統領が勝利 - 2019.03.22 Fri

現在、セルフ出版に向けて執筆もほぼ終わり、
あとは見直して書き直したりしている最中です。

しかし、ニュースが飛び込んできました。
書かずにはいられない!

父ブッシュ時代の司法長官であったウィリアム・バー氏が新しい司法長官へ就任し、
「ロシア疑惑捜査を終わらせる」方向へ持っていくと以前記事のどこかに書きましたが、
まさにその時が来ました。

今日(3月22日)特別検察官のロバート・ミュラー氏が
二年もかけてトランプ大統領のロシア疑惑の調査の結果を
新司法長官に就任したバー氏へ提出しました。

結果は「これ以上捜査の必要なし」

さて、二年もの間、証拠がないと言うのに
なぜミューラー氏はトロトロと捜査をしていたのか?

これは時間稼ぎであったことと思います。

つまり、バー氏のような司法長官の就任を待っていたのでしょう。
ブッシュ大統領(息子)にバー氏を紹介されなければ
セッションズ氏をクビにした後、
とりあえず、ウィテカー氏が仮の司法長官に就任しましたが、
ウィテカー氏は期間のタイムリミットがありました。

そこで、ブッシュ大統領は父親の国葬への感謝を込めて
バー氏を任命するようにトランプ大統領を促したのです。

これでようやくミューラー氏も捜査結果を安心して
司法長官へ提出できたのです。

つまり、ミューラー氏はトランプ大統領の敵ではないのです。

すると、前司法長官のセッションズ氏が
敵が忍ばせた人物と言ったところでしょうか?

やはり表のニュースだけ眺めているとわかりませんね。

mueller.jpg


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『indictment』 インダイ(ト)メント

起訴、告訴、告発


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

NOKO サミット2019 - 2019.02.27 Wed

二回目の米朝首脳会談。

ベトナムの首都ハノイ。

ホーチミンは経済の中心地である反面、
ハノイはベトナムの政治・文化の中心地だそうです。

まあ首都ですから大使館も並んでいると思いますが
北朝鮮の大使館もあります。

北朝鮮の非核化への道を開けるかどうかに注目が集まるとか言われてますが、
そんなことはとっくに落としどころがついた状態で、世間体のためにサミットを開いてますから
役者が暗殺でもされない限りは大丈夫だと思います。

そう思うと、今世界で一番価値のある男が金正恩ということになりますね。
ここまで来るのに長い道のりであったことと思います。

わたしたちはなんと激動の時代に生きているのでしょう。
みな生きた歴史の証人です。

noko_summit.jpg


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『misconduct』 ミスコンダクト

非行、密通、違法行為、職権乱用など


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

大統領権限は権力の乱用か? Part2 - 2019.02.19 Tue

前回、大統領権限は権力の乱用か?
という記事を書いたが、新たにわかったことがある。

予定していた額よりも下回る予算を組まれて議会を通った国境の壁の予算案は
再度、政府機関が閉鎖することをさけるためにも大統領は予算案に署名はする。

しかし、壁建設の財源確保に向け大統領権限を行使する。
これにより、新たな約80億ドルを予算案にあてることができる。

現在16州が大統領の権限を阻止するために提訴した。計画どうりだ。
もちろん、大統領は負けるわけだが、今度は連邦最高裁判所へケースを持っていく。

そこでトランプ大統領は勝つだろうが、大統領が勝つところはメディアでは放送されないだろう。
それよりも、この80億ドルはどこの予算からしぼり出される予定なのだろうか?

まず、希望した予算は57億ドル。
可決された予算案は13億ドル。

足りない分はいろいろなソースがあるが
そのうちの36億ドルをMillitary Construction Fundsから捻出しようとしている。
軍事建設基金だ。

これが狙いだ。
本気で国境の壁、云々言ってるわけではない。
そして、両党もそれを知っている。
知らないのは国民だけだ。

過去にその特別な権限を執行してMillitary Construction Fundsを使用したのはブッシュ親子だけだ。
湾岸戦争と911以降の中東への関与だ。

アメリカは今まで(表向きには)外国の国境のために代理戦争をしてきた。
シリア撤退後、今度は自国の国境のために軍事予算を使うのだ。

トランプ大統領は既存の軍事建設基金に手を付けようとしている。
ペンタゴンは揺れていることだろう。

pentagon.jpg


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『National Emergency Act』 ナショナル・エマージェンシー・アクト

国家緊急事態法
1976年に制定されて以来、大統領による国家非常事態宣言の発令は59件ある。
ちなみにオバマ大統領は13回でした。
数を間違えましたので、前回の記事を訂正しました。申し訳ございません。


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

大統領権限は権力の乱用か? - 2019.02.16 Sat

さて、トランプ大統領が求める壁建設費57億ドルをめぐって下院は14日、
政府機関の再閉鎖を回避するため予算案を可決した。

この間の前代未聞の長期における政府機関の閉鎖は国境の壁という建前の理由なので
わたしは再閉鎖はあり得ないと思った。

トランプ大統領も大統領権限を行使することによって再閉鎖を回避できる。

もちろん、なぜもっと早くに行使しなかったのか?と、聞こえてきそうだが(上議員も指摘しているが)
もちろん、政府機関の一部閉鎖は何かをカバーする作戦だったろうから、今は静観しかない。

ところが両党が可決した予算案は57億ドルよりはるかに低かった。
しかも、国境警備費用の一部はトランプ大統領が求める以上の予算をあてて
そのかわり国境の壁建設は予算をあてていない。

トランプ大統領は、
「こんなに頼んでいない部分は予算が有り余ってて、何に大金を使っていいかわからない!」と言った。

前代未聞な正直な大統領である。(笑)

いや、これはもしかしたら国民の思考能力の向上を図っているのかもしれない。

ということで、記者会見によると、トランプ大統領は署名するものの、
壁建設の財源確保に向け大統領権限を行使する意向を示している。

ちなみに、過去8年間にオバマ大統領は13回以上の大統領権限を行使した。
トランプ大統領はこの2年間で3回である。

ちなみに、非常事態宣言を受け、予算の組み替えをすれば最大で約80億ドルを捻出できる。

もちろん民主党は「権力の乱用」と非難しているが、国境無くてはもはや国家ではない。

トランプ大統領側は提訴が相次ぐことは承知している。
というか、それが大統領権限のパターンであり、そのための最高裁判所(システム)である。

権力の乱用と非難するなら、そのシステム(1976年)をつくった人を非難するべきだ。(笑)

トランプ大統領がしゃべればしゃべるほど国民は知識が身につく。
というか、今まで政府内で行っていた公然の秘密(システム)を国民が理解しはじめている。

今まで独占されていた知識が少しづついろんな分野で意図的に公開されはじめているのかもしれない。

rose_garden_2_15.jpg


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『United States Court of Appeals for the Ninth Circuit』 ナインス・サーキット

合衆国連邦巡回区控訴裁判所#9
カルフォルニア、オレゴン、ワシントン、ハワイ、アラスカ、アリゾナ、アイダホ、ネバダ、モンタナ
といった州の地方裁判所に対する上訴管轄権を有する米国連邦裁判所。
リベラルが集中している地域なので絶対に保守派を阻止する方向へ
すると、大統領は最高裁判所へもっていくことになる。
現在の最高裁判所は保守派が多い。


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

2019年の一般教書演説 State of the Union = SOTU - 2019.02.06 Wed

今年のSOTUは去年よりも長かった。
1時間半近くにもわたる演説は、感動する場面がいくつかあった。

trump-sotu.jpg

さすが、トランプ大統領は演説がうまい。
これは政治家出身でない強みだと思う。

また、スピーチの構成を練ったチームも政治家的ではない。
どちらかというと、ビジネス感覚に優れているタイプであると思う。
トランプが大統領候補時代からスピーチ部門を任されているのは
スティーブン・ミラー氏である。

彼は若く、そしてユダヤ人だが、これといった政治経験があるわけではない。
しかし、トランプ大統領はビジネスマンである。
建前が大切な政治家ではないから、雇うときは実力重視である。

そんな有能なビジネスマンが現在このアメリカという大国を政治的にリードしているのだから
わたしはアメリカ国民をうらやましく思う。

また、トランプ大統領が議会に現れる前に、議長(Speaker of the House)への呼びかけがあるが、
今年は「マダム・スピーカー!」である。
これは2007年以来である。
2007年、初の女性の議長がSOTUの時にブッシュ大統領(息子)の後ろに副大統領と並んで座った。
その時もナンシー・ペロシ氏である。

今年のヴィデオの26:35あたりで聞くことができる。



ちなみに、マダム・スピーカーのナンシー・ペロシ氏と共に女性軍(民主党側)が白いスーツ姿なのは、
「女性参政権」の主張らしいです。
しかし、現在ではほとんどの国で認められてますから、これは民主党女性軍からの
トランプ大統領に対するメディアに訴えた嫌がらせでもあることでしょう。

suffragist_parade.jpg
1912年女性運動(ニューヨーク)

余談ですが、女性の参政権のほうが歴史的に黒人の公民権よりも早かったので
女性の大統領のほうが黒人の大統領より早く誕生するか?と思いましたが、
実際は、黒人大統領の方が早かったですね。

さて、演説内容は、第二次世界大戦から75年経ったということで、
歴史的なことから始まりましたが、
アメリカ人の第二次世界大戦のインパクトはやはりヨーロッパ線であり、
なかでも「D-Day(Delivery Day: 米軍事用語)」つまり、ノルマンディー上陸作戦です。
(ノルマンディー上陸作戦は、映画「プライベート・ライアン」でかなりリアルに表現されています)

その後は経済の話になり、
約500万人の米国人がフードスタンプ(低所得者向け食費補助)の受給を辞めたそうです。

これに渋い顔をする民主党ですが(41:24)フードスタンプを政府が受給するのをやめたのではなく、
多くの国民がフードスタンプに頼らなくてもよくなった、という意味です。
それだけ、いままで両党ができなかったことをこの2年間で成し遂げているということです。

失業率は過去最低の数字。
性別、人種、身体障害者といったマイノリティの失業率も過去最低の数字。
なのになぜ、女性の権利を主張している白い服の皆様、立ち上がって拍手をしないのか?
(43:03)

また国境の壁については、共和党の拍手の中に、民主党がブーイングを始めた時、
ナンシー・ペロシ氏はブーイングをやめるように、指示しました。(56:54)

やはり、テレビ中継されているのですからしかめっ面や渋い顔は
あとで自分の顔をテレビやソーシャルメディアで見た時に恥ずかしいと思うのですが???
こういった場こそ、大人な判断をするべきと思います。
特に2020年大統領選に立候補している方々。
トランプ大統領に対して怒りしか武器にできない政治家は無能だと思います。

そんな中でも、女性の社会への進出。
女性が今まで以上に仕事を得て頑張っている事実には皆さん立ち上がりました。(1:10:07~)

さらに、女性の議員数も過去最多だそうで、嬉しそうにはしゃぐ女性軍に
周りから「USA コール」がかかりました。(1:11:40~)

その後は、インフラに力を入れること、中国との貿易摩擦、ヘルス・ケアについて。

小児癌患者であった10歳の女の子を招待し、
これから小児癌患者のリサーチに政府は予算を組んでいくことを発表し、
その後のスピーチは、親は子供と貴重な時間を過ごせるようにと
産休を有給休暇にさせる権利。
全て、民主党が望む主張だ。
そしてその直後に、後期中絶を違法にすることを語った。

ものすごい計算されたスピーチだ。

軍についてはこの間も書いたように、Missile Defense Systemと2度目の米朝首脳会談について。
(自分が大統領でなかったら北朝鮮と戦争をしていただろう、だそうです)
また、19年も続いている中東への軍事的介入についても
新しい政治的アプローチで交渉している、と述べた。

Great nations do not fight endless war
偉大な国家は終わりなき戦争をしない。

まさに、おっしゃる通りだと思います。

その後はベネズエラの現状。
そして「アメリカでも社会主義の動きがある」と、指摘し、
「アメリカは社会主義にならない」と宣言した。

これには、チャック・シューマー氏も立ち上がって拍手をし、
ナンシー・ペロシ氏も後ろで拍手をした。

そんな民主党リーダーを見て驚いたのはわたしだけでなくFOX Newsもだ。
もちろん、民主党の中でも社会主義を推し進めている人たちもだろう。

アメリカ国家の歴史は「自由と正義」で成り立っている。
わたしたちは生まれながらに自由であり、
政府が関与するような社会主義国家ではない、と宣言した。

神の下の分割すべからざる一国家、
これが古き強きアメリカの価値観である。

そんなアメリカをもう一度再現させようとしている。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『Pledge of Allegiance』 プレッジ・オブ・アリージェンス

アメリカ合衆国への忠誠心の宣誓。
I pledge allegiance to the Flag of the United States of America,
and to the Republic for which it stands,
one Nation under God,
indivisible, with liberty and justice for all.
私はアメリカ合衆国国旗と、それが象徴する、万民のための自由と正義を備えた、
神の下の分割すべからざる一国家である共和国に、忠誠を誓います。

合衆国国旗に顔を向け、右手を左胸の上に置き、起立して暗誦する。
帽子は取り去る(宗教上問題がある場合を除く)


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

最近のニュースのまとめ - 2019.01.29 Tue

今回も最近のニュースを紹介します。

まず、政府機関を期限付きで再開しました。
本来であれば、今日、29日にState of Union(一般教書演説)が予定されていましたが、
一週間後に公式に延期されました。
(ということは、再度政府の閉鎖は予定されていないと思います)

マシュー・ウィテカー司法長官がロバート・ミュラー特別検察官の「ロシア疑惑捜査」は
現在もう終盤でもうすぐ終わると発言しました。

これは、ブッシュ氏への国葬へのお礼としてブッシュ時代の司法長官であった
ウィリアム・バー氏が新しい司法長官へ就任し、「ロシア疑惑捜査を終わらせる」ということでしょう。

アダム・シフ下院議員(CA/D)は「終わらせるなんてバイアスだ」と発言してますが、
この下院情報特別委員長に就任したシフ氏もペロシ氏と一緒に外遊を予定していた一人。

また、2020年の大統領選へ向けて民主党から正式立候補もぼちぼち出てきましたが、
インデペンデントとしてスターバックス元CEOのハワード・シュルツ氏も立候補しました。

が、テレビインタビューで「つまらん男だ」というビューワーの感想も聞きました。
話のつまらん男が2020年までもたないでしょう。。。

民主党はそういったインデペンデントからの出馬を好ましく思っていません。
有権者の票が割れるからです。

たしかに社会の弱者の権利を守ることは良いことです。
誰だって、いつか少数派になりえる可能性があるからです。
しかし、現在の民主党はあまりにも、その権利を主張しすぎて、左に偏っています。

左に偏れば偏るほどまともな人間は相手をしなくなります。
これは共和党が望んでいるところでもあります。
また民主党も新しく機能させるためにも一度党内をぶち壊した方がいいかもしれません。

Cuomo_RHA.jpg

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ州知事は22日夜、
人工中絶の権利を保護する「リプロダクティブヘルス法(RHA)」に署名しました。
(クオモ州知事の弟はCNNの朝のニュースキャスター)

アメリカは宗教色が濃いので人工中絶はとても複雑な問題です。
ただ、今回のこのニューヨーク州が著名した法は妊娠の期間がないので
極端な話、生まれる直前まで中絶を許可する、ということです。

1973年に「ロー対ウェイド事件」があり、中絶を合法化すべきか、憲法裁判がありました。
判決は中絶を憲法により保障された権利として堕胎禁止を原則違憲とし、
以降、アメリカでは、

Pro-life (人工中絶反対派)
Pro-choice (人工中絶賛成派)

という各自のスタンスがあります。

基本的には「胎児の生命」と「女性の選択権」のどちらを優先するのか?というスタンスですが、
背景には社会的、宗教的、経済的、政治的といった色々な要素が入るので簡単な問題ではないです。

リベラル派、都会の女性は「女性の権利」を主張しています。
反対に政治的スタンスでは保守派(共和党)が人工中絶に反対し、
宗教的スタンスはカトリックを含め、キリスト教の「胎児の生命」への主張が強いです。

それは、19世紀に入って科学の発展により、生命の始まりである受精の瞬間が報告されたからです。

意外と合理的であるカトリックは、以降、生命の始まりを受精の瞬間と決め、
すでに受精卵は完全な人として扱われるので、胚でさえも医学研究に使う事は殺人扱いになります。

余談ですが、ユダヤ教やイスラム教では今でも生命の始まりを受精後40日と決めているので、
受精後40日までは、胚は生命のない「物」という解釈のため、医学研究に使っていいらしいです。

roger_stone.jpg

nixon.jpg

25日の早朝、ロジャー・ストーン氏が2016年米大統領選へのロシア関与疑惑に関し
ウィキリークスとやり取りをしていたことに対し偽証したとして(合計7件の罪)起訴されました。

偽証した人は周りにたくさんいるのですが、ストーン氏に対しては特別扱いで、
早朝、SWATチームがFBIと一緒に彼の自宅に踏み込むというまるで映画のシーンのようだったそうで、
身柄を拘束されたあと、保釈金を払い、ひとまずフロリダの自宅の前で記者会見をしてましたが、
まあ、話題つくりも兼ねての芝居かかった演出のようにも思います。
お陰で、ストーン氏はメディアから引っ張りだこですから。
ちなみにFBIとSWATチームが早朝、ストーン氏の自宅に乗り込んだとき、
なぜかCNNだけがその場に居合わせていました。笑

もともと、このストーン氏はトランプ米大統領の元顧問でロビイストでしたが、
陰謀論サイトInfoWarsのアレックス・ジョーンズ氏とも仲がいいです。

Mnuchin.jpg

最後になりましたが、昨日28日、ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と
スティーブン・ムニューシン財務長官がホワイトハウスで記者会見しました。

主に、ベネズエラでの国家危機についてでしたが、その時にボルトン氏が手にしていたノートに
「兵士5000人をコロンビアへ」とのメモが書かれており、後にそのメモが撮られ報道されました。

どう考えても見せたとしか思えないメモですが、コロンビア側はそんな話知らない、と言っています。笑

bolton_memo.jpg

記者会見では
「大統領はこの問題に関し、数多くの選択肢がある」と述べてますから
軍事介入も視野に入れてると思います。
もちろん、ベネズエラの国民の中にもアメリカの軍事介入を期待している部分もあるでしょう。

ちなみにマティス前国防長官は「ベネズエラ危機は軍事力で解決すべき問題ではない」
と過去に明言していました。

石油輸出の封鎖という厳しい経済制裁によって、マドゥロ大統領を退任に追いみ、
マドゥロ政権から野党のグアイド国会議長を正当な大統領として承認するように
中南米の周辺国や欧州諸国でさえも厳しい態度をとり始めました。

とにかく、この衰退していくベネズエラをどうにかして国を回復させる基盤をつくるために、
国内の軍の役割を縮小し、医療、教育、法執行の基本をゼロから再構築しなければならない。
あまりにも長年の汚職がひどすぎる。

ベネズエラは石油産業国である。
チャベス政権以前はベネズエラは中南米の中でもインフラは最高レベルだった。

国がなくなるんじゃないか?という悲惨な事態に直面しつつも、国民は訴え、闘っている。
そんな国民の強い意志を想うと、経済危機をなんとか乗り越えて、国家を再構築してほしい。

補足:
マドゥロ大統領の辞任と亡命がセットだろうから、
亡命先を用意するのも、もちろんそれなりに資金が要ります。
(ゴルバチョフ大統領を思い出してください)
身の安全を考えると基地の中になると思いますが、
そういったこともロシアとアメリカがコラボして政策を立てていたでしょうから、
アメリカの政府機関が一部閉鎖になった理由も絡んでいると思います。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『Perjury』 パージュリー

偽誓、偽証、偽証罪


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

政治マニアっ子

Author:政治マニアっ子
埼玉県生まれ。高校留学を経て、ペンシルバニア州にある州立大学卒業後、ニューヨークに移動、バイヤーの職に就く。9.11テロ事件後、犬のブリーダー(シェパード)トレーナーとして起業の道を歩む。渡米歴20年以上。趣味は映画鑑賞、読書。特技は犬の心理を読むこと。語学は英語の他にスペイン語も。自分が本当に伝えたいことを伝えるブロガー。現在、電子書籍をアマゾンから出版中。メルマガ登録はこちらから
https://seijimania.com/

このブログについて

このブログは巷にあふれる陰謀論やフェイクニュースに疲れた人のための情報サイトです。反日、アナキズム、オカルトや都市伝説を期待している方はよそへ行ってください。

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
ニュース (14)
世界情勢 (11)
経済/金融 (1)
軍事/戦争 (1)
宗教 (3)
移民問題 (6)
憲法/法律 (1)
歴史 (1)
教育 (1)
メディア (1)
米国選挙 (3)
文化/行事 (6)
映画 (4)
お知らせ (2)
未分類 (0)
美術 (0)

お勧めの本

6巻以降は紀州文化振興会から発行 紀州文化振興会サイトへ

最新コメント

株価ボード

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する