FC2ブログ
topimage

2019-10

超えてはいけない一線を越えたメキシコ大統領の悲劇 - 2019.10.20 Sun

エル・チャポとは「麻薬王」として知られるホアキン・グスマンのことだが、
彼の息子がついこの間メキシコの治安部隊と銃撃戦の末に逮捕された。

エルチャポは過去に2度、メキシコの刑務所から脱獄したが
今年に入り、アメリカで有罪判決を受けた。
現在エルチャポはコロラド州の刑務所に終身刑として収監されている。

エルチャポはこちらをクリック

2018年7月の選挙で当選したメキシコの新しいロペス・オブラドール大統領は
汚職や免責の撲滅を新政権の最優先課題にすると語った。
また、米国との「友好的かつ協力的な関係」を目指すとも述べた。
トランプ大統領は「メキシコ大統領の方が米国の民主党よりもアメリカに協力的だ」
などと発言をするほど、移民問題ではロペス・オブラドール大統領は協力してくれた。

またロペス・オブラドール大統領は国営石油企業であるペメックスの規律強化に乗り出し、
横流しされていた石油供給ルートが遮断され、国内では大規模なガソリン不足が発生した。
職員や地方の土着政治家、麻薬カルテルらが結び付いて横流しをしていたからだ。
ペメックスのパイプラインの蛇口から石油を垂れ流し、
多くの市民らがポリバケツなどに石油をくみ上げている様子をとらえた衝撃映像も
SNSなどで公開されているし、パイプラインが点火して爆発事故も起きている。

メキシコは政治家が麻薬カルテルとつながっているため、闇は深い。
汚職や免責の撲滅を掲げても、そうは簡単に解決できるものでもない。
この2018年の大統領選を含む総選挙の期間中には130人以上の候補・党員が殺害されており、
過去数十年で最も多くの死者を出した選挙の一つとなっている。

さて、そんなロペス・オブラドール大統領だが、今月の17日にメキシコの治安部隊は
武装したグループとの激しい銃撃戦の末、エルチャポの息子を拘束することができた。
銃撃戦は長時間におよび、恐怖に陥った住民らが町中を逃げまどった。

そこで、エルチャポの息子が率いるカルテルはメキシコ政府と交渉するのだが
ロペス・オブラドール大統領は拘束したボス(エルチャポの息子)の釈放を拒否した。

そこで麻薬組織は「治安部隊、警察、すべての家族を殺害する」と、警告。
一般の関係のない市民をどんどん巻き込んで銃撃戦を繰り広げ、死者がたくさん出た。

結局、メキシコ政府はボスを釈放して撤退することになった。
完全な失敗である。
しかも犠牲者をたくさん出して、政府は市民からも信用を失っただろう。
なぜならば、結局釈放したということは向こうの要求を受け入れたからだ。
では釈放しなければどうなったかと言ったら、犠牲者はさらに増え続け、
市民を巻き込んだ終わりない戦いになったかもしれない。

やはり、個人レベルでも、政府レベルでも、国家レベルでも
超えてはいけない一線というものがあるのではないだろうか?

今回、超えてしまった一線の代償は大きい。
ロペス・オブラドール大統領は辞任するのではないだろうか?

Mexico_elchaposon.jpg
メキシコ北西部シナロア州クリアカンで治安当局と銃撃戦を展開する麻薬組織の男ら
17日(ロイター=共同)


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

スポンサーサイト



消えゆく「コロンバスデー」 - 2019.10.09 Wed

アメリカの祭日に「Columbus Day(コロンバスデー)」があります。

1492年10月12日にクリストファー・コロンバスによる
アメリカ大陸への発見および到着を祝う祝日ですが、
アメリカでは12日に直近の月曜日が祝日になりますので、
今年は10月14日になります。

しかし最近では私の子供が通う学校でも
コロンバスのアメリカ大陸発見によって
たくさんのネイティブアメリカンが殺されたと習います。

また、コロンバス・デーを認めない州もあります。
認めない州ではコロンバスデーは州公式休日になりません。

そしてなんと、今年から私の子供の学校でもコロンバスデーが休日にならなくなりました。
うちの地区の自治体だけ、というわけでもないと思いますので、
ニュージャージー州もコロンバス・デーを認めない州になったのかもしれません。

クリストファー・コロンバス。
彼はイタリア人探検家と紹介されていますが、
実際は探検家ではなくローマ教皇の弁護士であったと聞きます。
また、残されている肖像画は全て本人の死後に描かれたもので、
今となってはコロンブスの真の素顔を知る術は無いそうです。

レオナルド・ダ・ヴィンチの日記の中に
「ジェノヴァ人の船乗りと地球について話す」という興味深い記述があることから、
両者の間に面識があったのではないかという説があるそうですが
十分可能性はあるかと思います。

レオナルド・ダ・ヴィンチもメディチ家によるプラトン・アカデミアというサークル出身であり、
コロンバスも10代のころから父親の仕事の関係で航海の経験があり、
地図製作に従事していた弟と一緒に地図作成や売買をしていたそうです。

vintage-compass.jpg

興味深いのはニューヨークにコロンバスサークルという円形広場があるのですが、
中心にコロンブスの像があり、広場の周りを車道が取り囲む円形交差点になっています。

この像は、イタリアの彫刻家Gaetano Russoの手になるもので、
1892年にコロンブスのアメリカ初渡航400年周年記念のひとつとして、
イタリア語新聞 Il Progresso 基金により建立された。
大理石製のコロンブス像が70フィートの高さの花崗岩の柱の上に立っている。
柱はコロンブスの船ニナ号、ピンタ号、サンタマリア号のレリーフで飾られている。
台座には、地球儀に左手を置く天使が添えられている。
(ウィキペディアより)

そしてちゃんと土台が八角形になっているのです。

Columbus_Circle_NY1907.jpg
1907年頃のコロンバス・サークル


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

ジョー・バイデン氏の『quid pro Joe』 クイッド・プロ・クオ - 2019.10.02 Wed

『quid pro quo』 クイッド・プロ・クオ

これはラテン語の「何かのための何か」そのもので、
つまり代償、代償物、報酬、見返り、という意味に当たります。

現在、ジョー・バイデン前米副大統領とその息子のハンター・バイデン氏に
「quid pro quo」の疑いがかけられている。

ハンター・バイデン氏は麻薬中毒者であり、そのため海軍からキックアウトされた。

しかし父親は息子がかわいいのだろう、
キックアウトされてから四か月後には父親のコネで(当時現役副大統領であった!乱用!!)
ウクライナのブリスマ社に息子を潜入されるも、汚職で、ウクライナから捜査された。

ちなみに息子は経験がないのにも関わらず、
ブリスマ社の重役として月5万ドルの給料をいただいていた。

しかしジョー・バイデン氏は、ウクライナ捜査側の検事総長の解任を求め、
ウクライナへの海外援助のカネを保留することで圧力をかけた。
結果、当時のヴィクトル・ショーキン検事総長は解任され、
新たにルツェンコ氏が就いた後、この汚職捜査は終了した。

ちなみにバイデン氏が「解任しないとカネはやれないよ」と
スピーチしているビデオが現在ユーチューブなどで出回っている。



そこで、トランプ大統領が就任間もないウクライナのゼレンスキー大統領に電話し、
バイデン親子への汚職疑惑について、捜査を促したことが最近問題視され、
民主党はこの通話内容を理由に、トランプ大統領に対する
正式な弾劾調査を連邦下院で開始した。

これは、民主党からの出馬がバイデン氏とほぼ決まりつつあるからであると思う。
トランプ氏個人の弁護士、ジュリアーニ氏(元ニューヨーク市長)が
ウクライナでバイデン親子を捜査することは可能か?と、ルツェンコ氏に接触している。
このため、民主党はジュリアーニ氏を検査する方針をとるかもしれない。

hunter-joe-biden.jpg


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

サウジアラビアの石油施設が攻撃された - 2019.09.18 Wed

サウジアラビア東部にある国営石油会社サウジアラムコの石油施設2カ所が
今月14日に攻撃を受けました。

原油価格が急上昇するか?と、思いましたが
サウジアラビアが急いで復旧しましたので一時期上がっても今は落ちてるそうです。
アメリカも足りなければ国内の石油備蓄放出を許可しましたが、放出しなくても大丈夫だそうです。
ということで原油価格を上げるために攻撃をしかけられたわけでもなさそうです。

イランも「病院や学校が攻撃を受けたわけではない」と強調してます。
サウジアラビアも数日で復旧させたのですから本気で攻撃を受けのではないことは承知でしょう。
アメリカ政府はイラン南西部から仕掛けられたという見解を示していますが、
イランは米宛ての外交文書でアメリカの主張を非難し、警告もしました。

ロウハニ大統領は、
「この警告から教訓を学び、この地域で戦争が起こり得るということを考えるべきだ」と、発言しました。

イランはボルトン氏が去った後のアメリカ政府の対応を試しています。

ポンペオ氏による一人二役かと思いましたが、
ボルトン氏の後釜にロバート・オブレイエン氏が大統領補佐官として後任しました。

国連総会も開幕しました。
イランはアメリカと対談する気はないそうです。
日本の安倍首相はロウハニ大統領と会談する予定です。

ということで、今回のサウジアラビアの石油施設の攻撃は
これといって誰も得するような人たちもいませんので、
国連総会の前に、アメリカ政府の(ボルトン氏が去ったあとの)対応の仕方を
観察するためであったと思います。
イランの内部も強硬派と穏健派という派閥はあります。
わたしは今回、アメリカの初期の対応は失敗したと思います。

saudi_2019_9.jpg

追伸:
サウジがアメリカに大金払って武器とかディフェンスシステム購入してるはずなのに、こんなドローンごときでやられるようなアメリカ製のディフェンスシステムはなんやねん、って見せてしまった。というのもその大金はHAARP連合参加費としての大金だったと思うから、ディフェンスシステムががら空きなのをばらしてしまったかもしれない。アメリカは必死にサウジを守らないとだろうし、怒っただろう。もちろん攻撃した側はそういった事情を知ってるからこそ披露した可能性がある。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

9.11を忘れない - 2019.09.11 Wed

あれからどれくらい、経ったのだろう♪

って、あれから18年経ちました。

アメリカ同時多発テロから18年経ちました。

ワールドトレードセンターへの攻撃とペンタゴン一部破壊は
別々の勢力によるものであると思ってます。

そして一年は12か月ありますから、半分は6か月。
つまり、9月11日を反転させると3月11日。
これも繋がっていることでしょう。

これはすでに書いたので詳しくは電子書籍の方をお読みください。

さて、昨日アメリカではジョン・ボルトン補佐官がクビになったとか辞めたとか
メディアが一日中騒いでいました。

それでも、ホワイトハウスに近いメディアの話によると、
別に驚くほどでもないそうです。
わたしも驚きませんでした。
なんといってもトランプ大統領はアフガニスタン大統領とタリバンのリーダと
面会予定だったのに、話がお流れになったのですから。。。

ボルトン氏はブッシュ時代の人ですから
国際金融連合とバッチリ結びついているのでしょう。

イラン、ベネズエラ、アフガニスタン、など
話がまとまるようでまとまらなかったのは
こういった旧体制の人たちがトランプ政権に潜入しているからでしょう。

昨日のポンペオ国務長官とムニューチン財務長官の会見が印象的でした。
ムニューチン氏が、
「はっきり言えることはトランプ大統領のイラク戦争観が違う」
と、発言していました。
つまり、ブッシュ時代の旧体制は終わったことを示しているのだと思います。

そしてトランプ大統領は今日、ペンタゴンを訪問しました。
マイク・ポンペオ氏が国務長官と大統領補佐官のポジションの
掛け持ちをやる可能性が出てきました。
これは過去にキッシンジャーが掛け持ちをやったことがあります。

表の政府、裏の軍というアメリカの国家システムが
いつの間にか裏の軍一極支配へと偏った旧体制時代。

あるべき姿へと戻す、つまり健全な双分制へと戻すのが
世界をあるべき姿へ戻す第一歩なのでしょう。

911_wtc.jpg


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今日の一言英単語

『weapons of mass destruction (WMD)』 ウェポン・オヴ・マス・デストラクション

大量破壊兵器。
典型的に生物兵器、化学兵器、核兵器、放射能兵器の4種類を指す。
イラク戦争開始の根拠としたことは有名。
しかしイラクに大量破壊兵器は存在しなかった。


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

政治マニアっ子

Author:政治マニアっ子
埼玉県生まれ。高校留学を経て、ペンシルバニア州にある州立大学卒業後、ニューヨークに移動、バイヤーの職に就く。9.11テロ事件後、犬のブリーダー(シェパード)トレーナーとして起業の道を歩む。渡米歴20年以上。趣味は映画鑑賞、読書。特技は犬の心理を読むこと。語学は英語の他にスペイン語も。自分が本当に伝えたいことを伝えるブロガー。電子書籍も好評です。

このブログについて

このブログは巷にあふれる陰謀論やフェイクニュースに疲れた人のための情報サイトです。反日、アナキズム、オカルトや都市伝説を期待している方はよそへ行ってください。

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
ニュース (16)
世界情勢 (13)
経済/金融 (1)
軍事/戦争 (1)
宗教 (3)
移民問題 (6)
憲法/法律 (1)
歴史 (2)
教育 (1)
メディア (1)
米国選挙 (3)
文化/行事 (7)
映画 (4)
電子書籍 (2)
動画 (1)
未分類 (0)

最新コメント

お勧めの本

6巻以降は紀州文化振興会から発行 紀州文化振興会サイトへ

株価ボード

お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事を表示

すべての記事を表示する