FC2ブログ
topimage

2019-12

英EU離脱の時 - 2019.12.14 Sat

師走に入り、慌ただしく毎日が過ぎて行きます。
世界情勢もあわただしいですが、
日本ではどうやら連日のように桜の会で盛り上がってる模様です。

アメリカでも大統領のImpeachmentで民主党が足をひぱってますので、
似たようなものかと思います。

しかし、アメリカは決めるときには決めましたので
今回のNAFTAの改良版であるUSMCAが結ばれました。

アメリカはUSMCA以外には直接相手国と協定を結ぶ
二か国間条約をどんどん結んでいます。(すでに20か国以上でしょう)
アメリカはTPPに加入しませんし、ましてや一帯一路にも参加しません。
しかし、中国と直接貿易協定を結びます。
これが、アメリカがこれから覇権を捨て、一国になるからでしょう。

トランプ大統領が世界に対してめちゃくちゃなことを言ったりするのは
アメリカの影響力を弱め、世界を多極化させているからです。

ですから日本の桜の会の盛り上がりは野党が足を引っ張っているのと同時に
与党もアメリカの覇権破棄を日本人に見せたくないのでしょう。
それは在日米軍基地に利権が絡む事情かもしれません。
これは中国をぼろくそ文句言ってる人たちも含みます。
中国が威嚇で、日本に攻めてくると言ってる日本人はそういった利権側でしょう。

昨日、英下院総選挙で与党・保守党が大勝しました。

boris_johnson.jpg

これでボリス・ジョンソン首相は議会で離脱協定案を可決させ、
2020年1月31日にEU離脱を実行することが可能となりました。

これはなんだかんだ言ってEU離脱の時期を伸ばしていただけであったと思います。
ちなみに、英EU離脱で英国は香港の一国二制度を守るとか言ってる有名評論家もいますが、
英国はチベットを放り投げて真っ先にAIIBに参加した国です。
英国の二枚舌外交は有名です。

英国もアメリカのように覇権を破棄しなければならないのです。
なので、EUから離脱してもらって少し力を弱めてもらいます。

つまり、令和の世界は「和を以て貴しと為す」ですから、
単純に「仲良くしましょう」や「調和」という
悪く言えば「妥協」などといった意味合ではありません。

物事を決めるときに対立するのではなく、
むしろ互いを尊重しながら納得行くまで議論し
落としどころを見つけて物事を決めていけ、ということです。

つまり世界を多極化していくという意味でしょう。

thatcher_reagan.jpg
マーガレット・サッチャー首相(保守党)とロナルド・レーガン大統領(共和党)

trump_boris.jpg
ドナルド・トランプ大統領(共和党)とボリス・ジョンソン首相(保守党)


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

スポンサーサイト



ブレトン・ウッズ体制に代わる「一帯一路」計画 - 2019.12.09 Mon

先月、11月21日に北京で「2019年ニューエコノミーフォーラム」が開催された。

なんとヘンリー・キッシンジャー元国務長官が登壇した。
御年96歳、つえを突きながらだが、キッシンジャー氏は現在の米中関係をフォーラムで語った。

「米中関係はこのまま終わりなき対抗を続ければ、カタストロフィーと化し、
過去の世界大戦よりも最悪な結果をもたらす。
世界経済の未来は両国のリーダーにかかっている。
一方が他方を支配できると考えることは、もはや不可能だ。」

“It’s no longer possible to think that one side can dominate the other,”

賢者のビジョンは衰えていない。
つまり米国は世界の覇権を維持できなくなったのである。

第二次世界大戦後、世界経済は
「アメリカを盟主とした資本主義・自由主義陣営」と
「ソ連を盟主とする共産主義・社会主義陣営」という対立構造を保っていた。

ところが、1989年のベルリンの壁崩壊とともに米ソ両極体制が終結し、
アメリカ一国覇権になってしまった。

今考えると、あの頃も昭和天皇の崩御に伴い
皇太子明仁親王が第125代天皇に即位し、「平成」が始まったばっかりだった。
きっと「令和」のように平成元年も激動の時代の幕開けと思ったはずだ。

キッシンジャー氏はニクソン大統領時代の国務長官であり、
同時に国家安全保障問題担当補佐官も務めた。

1971年のニクソン・ショックとは金と米ドルの兌換を停止し、
戦後のブレトン・ウッズ体制を終了させ、変動為替相場制に移行した以外にも、
ニクソン大統領の電撃訪中も含み、世界を震撼させた。
この米中首脳会談を実現させるためキッシンジャー氏は北京を極秘訪問した。
キッシンジャーはロックフェラー傘下の人材だ。
ここでキッシンジャーは冷戦終結への風穴をあけた。

kissinger2.jpg
キッシンジャー氏と周恩来氏(1971年)

xijinping-kissinger.jpg
キッシンジャー氏と習近平氏(2019年)

さて、アメリカが世界の覇権をやめようとしているのは皆さんもお気づきかと思います。
現に、ドルが延命を受けて保っているだけで、いずれ崩壊するのも承知かと思います。

そこで、これからドル基軸通貨の代わりになるのが、IMFのSDRではないかと思います。
人民元は2016年にIMFのSDRに加入しています。(中国内で電子マネーも導入中)
日本の方々は中国の電子マネーや人民元を馬鹿にしてますが、
この戦後体制であったブレトンウッズ体制というドルを基軸通貨とする固定相場制を
中国主導の「一帯一路」体制へとシフトするのだと思います。

ブレトンウッズ体制は国際金融体制そのものですが、
一帯一路はインフラ整備、貿易促進のことです。
しかし、そういった巨大なインフラ整備、貿易には資金が往来します。
ですから、一帯一路はこれからの新ブレトンウッズ体制ということになります。

これが、習近平国家主席の国賓来日、天皇と懇談する目的かと思います。
つまり、世界がドルというブレントウッズ体制から一帯一路へとシフト。
さらに言えば、政体の金の管理権が米国管理から中国管理へと移動。
令和の日本にアメリカが先に来て、中国が後というのは、管理をバトンタッチするからでしょう。

私はアメリカと貿易戦争できる中国を見直しました。
中国は大人の国であると思います。
今更日本国民に中国を好きになれというのは難しいと思いますが、、、
中国がこれからユーラシアの実体経済を主導していくかと思います。

日本国内の習近平国家主席の国賓来日を反対する勢力、メディアは
金融資本側か、軍産か、またはメディアに踊らされてる人たちでしょう。

そのために、安倍首相は憲法改正を今の今まで引き延ばしているのだと思います。
習近平国賓来日を中国嫌いの日本人に理解させ、正当化させるために。

私の母でさえも、
「習近平が国賓として来日するのはきっと安倍さんが憲法改正をするためよ」
と、言ってました。

ちなみに、米中貿易戦争は中国共産党を潰す目的で
習近平とトランプがタッグを組んでやっているのだと思います。
人民元がSDRに加入してますから、香港の役目もすでに必要ないでしょう。
中国共産党幹部というのは親米なんですから
米国から経済制裁を受ければいいんではないでしょうか?
米国債を握ってるのも彼ら上層部がほとんどでしょう。

トランプが中国共産党潰しに協力し、
習近平がドルの延命を助けている。
これが米中貿易摩擦の裏舞台かと思います。
もちろん株価も政治先物でアップダウンして儲けてる人たちもいることでしょう。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

クリスマス、大みそかに「コキート」 - 2019.12.04 Wed

今年も残すところ一か月となりました。
きっと皆さんも年末に向けて忙しくなってきているかと思います。

年末年始の準備を計画的にこなすために
やらなくてはいけないことを書き出してリストを作ってみてはいかがでしょうか?
わかっているつもりでも、うっかり忘れることはよくあることです。
それを防ぐためにはアナログ的ですが実際に書き出してみるのがおすすめです。
アナログが嫌な方はスマホのアプリを使ってみてもよいかもしれません。

こちらは先月、無事感謝祭が終わりました。
アメリカの場合、10月にハロウィーン、11月に感謝祭、12月にクリスマス、と
一年最後の三か月は駆け足で行事に振り回され本当にあっという間に年が明けます。(怖)
またこちらには、日本のような大晦日や正月という、まったりとした雰囲気はないです。
会社も学校も1月2日からスタートするところも多いです。

以前、ユダヤの行事のひとつ、光の祭り、ハヌカ(Hanukkah) と
サンタクロースの由来を紹介しましたので、過去の記事のリンクを載せます。

アメリカの12月の行事

さて、クリスマスはイエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭ですが、
実際に12月25日が誕生日だと特定する記述は新約聖書のどこにもありません。

12月25日の生誕祭は、遅くとも345年には西方教会で始まっていたそうで、
ミトラ教の冬至の祭を転用したものではないかと言われています。

ちなみにカトリックの典礼の執行時にかぶる司教冠もミトラといいます。
265代、266代ローマ教皇の紋章にもミトラを使用してますね。

ミトラ教:古代ローマで隆盛した、太陽神ミトラスを主神とする密儀宗教。

アメリカのクリスマスは基本的に家族と過ごし、
クリスマスツリー(モミの木)の下にプレゼントを置き、
家族同士でプレゼントを交換し合うのですが、
小さな子供たちはサンタクロースがプレゼントを運んでくると信じているので、
24日の夜、子供たちはサンタの為にクッキーとミルクを用意して寝ます。
そのクッキーを夜中食べるのは親です。(プレゼントを包みながら、、、)

最近はハイテクな子供も増えて、親に内緒で隠しカメラを設置したところ、
サンタクロースは自分の親や爺ちゃん、婆ちゃんだったことが発覚して
早いうちにサンタが嘘だったと知る子供も多し。
またはユーチューブなどで知ってしまう。
嗚呼、情報革命の賜物であります。

ポリティカル・コレクトネスが行き過ぎて、「メリークリスマス」と言うのをやめて
「ハッピーホリデー」が公共では主流でしたが、
さすがにクリスマスツリーでさえも「ホリデーツリー」と呼び始めたときに、
皆さんもこれはおかしいことに気づき、トランプ政権では、
「メリークリスマス」「ハッピーハヌカ」「ハッピークワンザ」と呼び分けています。

christmastree2019wh.jpg
今年のホワイトハウス内のクリスマスツリー

そして私がアメリカに来て一番びっくりしたのは(クリスマスに関して)
アメリカ人は自分の家丸ごとクリスマスのデコレーションしてしまうんですね。
多分物凄い電気代がかかると思うのですが、皆さんホリデー・スピリットなんですね。
バブルの時は、家の外と内側をちゃんと業者に頼む一般家庭もありました。(後片付けもサービスに含む)

これを横目で見ながらユダヤ人は中華の出前を25日に取って食べるんです。(爆笑)
それにしてもどうやってみなさん夜中寝れるんでしょうか???
フリーエネルギーなんかが導入されて電気代タダになったらすごいことになりそうですね。



最後に「コキート(Coquito)」のレシピを紹介したいと思います。
クリスマスや大晦日などに振る舞うプエルトリコの飲み物です。

Coquitoは「エッグノッグ」なんですが、かなり濃厚、最高においしく、太ること間違いなしです。
ちなみに大きなグラスでは飲みません。ショットグラスのように小さいグラスに注いでちまちま飲みます。

このCoquitoは中にココナッツミルクが入っているので、プエルトリコのエッグノッグですが、
ココナッツミルクの代わりに普通の牛乳で代用すると、
キューバのエッグノッグ「Crema de miel / クリマ・デ・ミエル」となります。

まず、市販のエッグノッグを用意します。
アルコールが入っていないスーパーで購入できるやつです。

エッグノッグ(Eggnog)とは牛乳、クリーム、砂糖、溶き卵で作られる冬用の飲み物です。
エッグノッグの場合、飲む際はホットでもコールドでもお好みでOKです。
ただ、Coquitoの場合は常夏の国の飲み物なので、冷たい状態で飲みます。

通常粉末シナモンやナツメグを入れて匂いを付けます。
さらに、エバミルク、コンデンスミルク、ココナッツミルク(または牛乳)そしてラム酒を用意します。

エッグノッグ     1/2 ガロン(1.5リットル強)
エバミルク      小さなカン1つ
コンデンスミルク  小さなカン1つ
ココナッツミルク   カン1つ
ラム酒         お好みで
シナモン、ナツメグ  お好みで

これはアメリカサイズなので日本で作る場合は比率を考えて少なく作ってください。
作った後は冷蔵庫で保管。あまり長く持たないので、数日で飲み切ってください。
飲み過ぎに注意。美味しいものは太りますよ~。

coquito_drink.jpg


RIP 中村医師

中村医師がお亡くなりになりました。
アフガニスタンの人々が食べていけるよう、
男たちが傭兵にならなくても生きていけるよう
水路をつくり、砂漠を緑化し、
混乱の続くアフガニスタンに命を捧げました。
ご冥福を御祈りします。

医師中村哲と戦乱の地アフガニスタン


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

アメリカの祭り・感謝祭 Thanksgiving Day - 2019.11.22 Fri

アメリカでは毎年11月の第四木曜日は感謝祭、Thanksgiving Dayです。
クリスマスより感謝祭の方が好きというアメリカ人は多いです。
(今年は11月28日が感謝祭です)

ということで、今回は時事ニュースから少し離れて感謝祭をご紹介したいと思います。
アメリカ国内のニュースは民主党(プラスもろもろ)によるトランプ大統領を引きずり降ろすための
聖戦?(Impeachment Crusade)が繰り広げられている一色ですから国内ニュースはつまらないです。

Impeachment=身分保障された官職にある者を、義務違反や非行などの事由で、
議会の訴追によって罷免し、処罰する手続き

国民によって公平に選出された大統領を証言者たちによる「憶測」のみで
罷免さえようとしている民主党はすでに終わっているかもしれません。
弾劾調査が始まってすでに数日、この外交官たちの証言は憶測であって、
実際にトランプ大統領と会ったことがない人たちがほとんどです。


感謝祭の話に戻ります。
感謝祭のために家族たちが遠くから集まるのですが、この七面鳥を調理するのにとても時間がかかります。
また、冷凍を買うか、生を買うか、どこのブランドの七面鳥を買うか、どのくらいの大きさを買うのか?
チェックしてみたいと思います。

冷凍vs生

冷凍の七面鳥は冷蔵庫の中の場所を取ります。
さらにかなり事前から解凍に時間を用意しないとダメです。
唯一の利点は定価が安いと言う事です。
味は生の方が良いです。
ちなみに生の方も最低一日前からマリネしたりと用意しないといけません。

ブランド

色々あります。
ネームバリューのあるブランドから無名のスーパー独自のブランドまで、さまざま。
Butterballが有名で私は味もGoodだと思います。
ユダヤ人でなくても凝ってKosher Turkeyを買う人もいます。

余談ですが、Kosherって何?という疑問が出てくるかもしれません。
「あ、それはユダヤ人の食べ物だよ」と知ってる人も多いかと思います。

確かに普通の塩よりKosher塩の方が美味しいとか、
普通の鶏肉よりKosherの鶏肉の方が美味しいとか、
普通のオレンジジュースさえもPassoverの時期はKosherオレンジジュースに変身するとか。
そんなKosher食品ですが、ユダヤ人に接点の無いアメリカ人に聞いたら、
「ラビが食品に祈りを捧げたらKosher食品になるんじゃないの?」と言ってました。(爆笑)

ということでイスラエル人に聞いてみたら、
「動物の殺し方が違う」と言ってました。

どうやら特別な器具や機械により屠殺を行うそうです。
その屠殺の際も、動物を怖がらせたり、無駄な時間をかけたりせず、
動物の筋肉を硬直させることのないようにするそうです。

Kosher食品を知りたい方はこちらをクリック

どのぐらいの大きさを買うか?

小さめの12ポンドの七面鳥なら8人前、大きめの18ポンドで12人前、と言われています。
皆さん結構大きめのを買って、残りは次の日、サンドイッチにして食べます。
また、大きければローストに時間もかかります。
また、七面鳥ってさっぱり味なので、ハムを焼いたり、リブを焼いたりしてターキー以外も用意します。

ローストvsフライ

これは、フライにしたら、ローストはもう作らなくなります。
最近フライが流行ってます。何故か?
それは、ローストは一日中オーブンで焼いいてるのに対し、フライなら40分ぐらいで調理できるのです。
フライの場合は屋外フライ用の器具を用意します。
(普通に取り扱いに注意すれば安全です)
ピーナッツ油を使って調理するので、アレルギーのある方はダメですね。
あとは、ちょっと見栄えが悪くなりますが、味が断然良いのです。
次の日のサンドイッチにしても好評です。
その代わり、詰め物は出来ませんので、別に作る必要があります。

あとは、サイドでお決まりのマッシュポテト、コーン、コーンブレッド又はビスケット
(アメリカではビスケットと呼びますが、パンです)ビーン、パンプキンパイなど。

もしイタリア系の家庭なら絶対にパスタ系が乱入し、
キューバ系であれば、デザートはパンプキンパイの代わりにお祖母ちゃんのプリンになります。

七面鳥を調理する際、気をつけてほしいのは、
調理する前に鳥の体内に首の部分と肝が別々にビニール袋に入っているので取り出してください。
私は知らずにビニール袋を入れたままローストした人を知ってます(笑)。

さて感謝祭の朝はホワイトハウスでは恒例の「Turkey Pardon」という行事があります。
これは大統領が2羽の七面鳥を屠殺される運命から恩赦する行事です。
その後は、テレビで流れるニューヨークのメイシーズ主催のパレードが有名です。

turkey-pardon-white-house2018.jpg

また、感謝祭から1か月後のクリスマスに向けて消費が大きく動くため、
各小売店では感謝祭をクリスマス・セールの前哨戦と位置づけし、
感謝祭の当日木曜日、または翌日の金曜日から特別セールを行います。
これを「ブラック・フライデー」と呼びます。
この時期の売り上げが小売店の年間通算収支を黒字に転換する境だそうです。

最近では、行き過ぎの為、せめて当日の木曜日は店を閉めて、
家族を大切にというポリシーを掲げた店も多いです。

さらに、週明けの月曜日にインターネット通販で買い物をする人が多いことから
感謝祭休み明けの月曜日を「サイバー・マンデー」と呼びます。

とにかくお祭り騒ぎです。可愛い映像をシェアします。
実際は喧嘩になったりと凄まじく、ニュースで流れます。



最近ではアメリカの小学校では入植者とインディアン先住民の歴史問題が意識されつつあり、
ヨーロッパ白人の大航海時代と先住民の虐殺と宗教の強制、
黒人奴隷の歴史など学校で隠さず学んでいます。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

聖書の話 - 2019.11.11 Mon

お久しぶりです。
アメリカは先週末にサマータイムが終わりました。
これで日本とアメリカ東海岸の時差は14時間になります。
はやくサマータイム廃止にしてほしいです。
体が数日だるいですから、きっと健康に良くないと思います。

さて先週は新しいパスポートを受け取りにニューヨーク日本領事館へ行きました。
現在、日本のパスポートが世界で一番価値があるのではないかと思います。
ビザ免除で渡航できる国が一番多いはずです。

ということで久しぶりにニューヨークの地下鉄に乗ったのですが、(何十年ぶり?)
シングル・ライド(一回乗り)の値段が3ドルでびっくりしました。 (゚д゚)
ちなみに20年前は$1.50でした。

街並みも、どんどん違うお店やレストランに変わってたり、
移り変わりが激しいと同時に生き残っていくのも大変そうです。(家賃が高いでしょうねぇ、、)

ニューヨークは古い建物と新しいモダンなビルが混ざってますが、
私は古い建物の方が好きです。
ということで、帰り際にロックフェラーセンターのアール・デコ調の建物をチェックしに行きました。
(数日前にクリスマスツリーが到着しました!残念ミスった!!)

ロックフェラーセンターはいくつかのビルで成り立つ複合施設です。
有名なのはプラザの中心にある半地下のプラザで、冬場はアイススケート場になります。
その周りの万国の国旗とプロメテウスの黄金像や
セントパトリック大聖堂と向かい合うアトラス像は有名ですね。
(ちなみにプロメテウスとアトラスは兄弟)
ロックフェラーセンター前のクリスマスツリーの話題が
中学校の時の英語の教科書に出てきたのを思い出します。

atlas.jpg
アトラスの肩にのった天球儀の南北軸は、ニューヨーク市からの北極星の位置を指し示している。
まるでカトリック教会に挑戦するようである。。。(笑)さすが、フリーメイソン!

また、30ロックフェラー・プラザ(GEビル→COMCASTビル)が石板と呼ばれるのも
中央プラザ正面からの入り口に、アール・デコ調な美術品と共に聖書の一節が書かれているからであろう。

rockfeller_plaza.jpg

30rock_wisdom.jpg

『wisdom and knowledge shall be the stability of thy times』
イザヤ書33章6節の一部が書かれているのですが、
実は聖書は旧約聖書も新約聖書も過去に編纂されまくっていて
いろいろなバージョンがあるそうです。

この30ロックのイザヤ書33章6節はキング・ジェームス版の聖書からです。

ちなみに正統な聖書はキング・ジェームズ版(1611年)だそうです。
このキング・ジェームス版聖書の制作はイギリス国家プロジェクトだったらしいです。

英国国教会のピューリタン指導者たちによってジェームズ一世に翻訳聖書の制作を提案し、
それに対し、ジェームス王は承諾しました。(つまり、カトリック要素の排除)
キング・ジェームズ版の聖書の旧約聖書は、ヘブル語のマソラ本文から翻訳、
新約聖書はギリシャ語のTR本文から翻訳されています。
TR=テクストゥス・レセプトゥス=受け入れられたテキスト

ところが1881年、イギリスの聖書改訂委員会は、英国国教会(ピューリタン派)に反して、
TRを排除し、根本的に異なるギリシャ語本文RVを作り出し、異質の新約聖書を完成させます。
RV=Revised Version=改訂版

改良版とは聞こえはいいものの、早い話が聖書本文をすり替えたのです。
この事実が正しく伝えられないまま、今日に及んでいるそうです。

さらに1967年にローマ・カトリックの枢機卿がUBS版新約聖書の編纂に加わり、
すでにカトリックとプロテスタントの聖書の間に違和感がなくなりつつあるそうです。

そして2008年に聖書協会世界連盟(UBS)およびドイツ聖書協会は
このイザヤ書の改訂版編集チームの一人にモルモン教の教職者を選出しました。
つまり、旧約聖書本文『ビブリア・ヘブライカ』にモルモン教の要素が入ることになります。

UBS、カトリック、ドイツ聖書協会、モルモンがパートナー協定を結んだようなものです。

といっても、すでにこの旧約聖書本文『ビブリア・ヘブライカ』自体が
1906年に出されたドイツ人合理主義者たちによって(異端者)改ざんされた旧約聖書だそうです。
今風に言うと、超リベラルな神学者?

これからカトリック教会がキリスト教の異端派も含めて統一させるのだと思います。
もちろん表看板を統一させるのではなく、思想や信念の統一です。
つまり、カトリックを頂点にした令和のキリスト教の信条は、
異教徒でも無神論者でも天国に行けるということになるでしょう。
モルモンも入ったら一夫多妻制のイスラムとも敵対しなくなるかも?
たぶん一神教同士の争いを少なくさせるために思想を統一させるのでしょう。

ということで、私はクリスチャンではないのでこういった話は未知の世界であり、
今回とても興味深いことを勉強させてもらいました。

古代ギリシャ・ローマ文化は市民や個人が多様性のあるコンテンツを喜んで受け入れ、
この書物文化は図書館に何十万部もの蔵書を集め、国家的事業でした。
そこに対抗してキリスト教による多様性のない統一されたコンテンツを伝える文化が始まりました。

現在はインターネットの普及で多様性を重視した古代ギリシャ・ローマ時代へ戻ったのかも?


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


ブログランキングはじめました
↓クリックのご協力お願いします。↓




覚者募集中ヽ(≧∀≦)ノ♥

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

政治マニアっ子 (AI)

Author:政治マニアっ子 (AI)
埼玉県生まれ。高校留学を経て、ペンシルバニア州にある州立大学卒業後、ニューヨークに移動、バイヤーの職に就く。9.11テロ事件後、犬のブリーダー(シェパード)トレーナーとして起業の道を歩む。渡米歴20年以上。趣味は映画鑑賞、読書。特技は犬の心理を読むこと。語学は英語の他にスペイン語も。自分が本当に伝えたいことを伝えるブロガー。電子書籍も好評です。

検索フォーム

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
ニュース (17)
世界情勢 (14)
経済/金融 (2)
軍事/戦争 (1)
宗教 (4)
移民問題 (6)
憲法/法律 (1)
歴史 (2)
教育 (1)
メディア (1)
米国選挙 (3)
環境問題 (0)
文化/行事 (9)
映画 (4)
電子書籍 (2)
動画 (1)
未分類 (0)

最新コメント

株価ボード

ソーシャルメディア